2019年11月18日

カスタム効果を確認すること

DSC_0453-2


 最近注目しているポセイドンのインナーバレル

 販売しているガンショップ・プラウダによれば、飛距離は50m、もしくはそれ以上が出るという。

 実際に50m以上も飛ぶのか、どんな弾道で飛ぶのかは試してみないと分からない。

 効果を確認するにはどうすればいいのか?

 50mも飛ぶなら、少なくとも50m以上はあるシューティングレンジで撃ってみる必要がある。
 できれば無風状態を保てる屋内レンジがいい。さらに言えば電子ターゲットがあって集弾性の確認もできる方がいい。

 そんなシューティングレンジがあるのか?

 実はBM-9 CO2GBBの販売元であるガンスミスバトンが経営するシューティングレンジにそれはあるのだ。

バトンレンジ

 通常30mレンジのところを、隣のレンジとつなげて50mにするという。
 もちろん屋内で、かつ電子ターゲットも完備。
 利用料も2000円で時間無制限、会員になれば月額5000円で撃ち放題である。

 これは行きたい!

 しかしこのレンジ、なんと埼玉県所沢市にある。

 新幹線で行かんとあかんやん!

 大阪からM4A1を背負って埼玉まで行くのはさすがにしんどい。

 大阪にはこれほど長い屋内レンジは存在しない。
 私の行きつけとなっているシューティングレンジ・ハイドアウトの23mレンジが限界である。

 アウトドアフィールドには50m級のロングレンジが併設されているところもあるが、気軽に行ける場所にはない。

 こうなったら会社の敷地でテストしてみようか?

 工場の裏なら50m以上の真っ直ぐなスペースがある。端に「3K」メンバーを立たせておいて、それに向かって撃つのだ。
 これぞ「リアル・マンターゲット」!


 んなアホな。








 「アームズマガジン・ミニコンテスト Vol.1」の「エッセイ/コラム部門」にエントリー中です(2019年12月20日まで)。
 私の作品はこちらから読めます。
 応援よろしくお願いします!


サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00│Comments(0)カスタム | ポセイドンバレル

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

遠野明

2019年1月より再始動した大阪在住のアラフォー・サバゲーマー。
チーム「3K」所属。
メインアームはHK416C。サイドアームはBM-9とM9A1。
サバゲー以外なら猫とSF小説と映画が好き。

記事検索