2020年03月17日

電動ガンの寿命のこと

 電動ガンの寿命ってどのくらいだろうか?

 東京マルイの次世代電動ガンは金属パーツを多用しているため、スタンダード電動ガンよりも剛性が高い。

 しかしリコイルの発生があるために、メカボックスなどの内部機構への負担はスタンダード電動ガンよりも大きく、長期的な耐久性は落ちるらしい。

 海外製の電動ガンは持っていないのでよく知らないが、おおむね同じではないかと予想できる。海外製でも基本的な構造はマルイ製と同じだからだ。

DSC02895

 私のM4A1/RISは次世代電動ガンが発売される前に購入した古いモデルだ。
 当然のことながら、当時は「スタンダード電動ガン」という言葉はなかった。

 製造時期は不明だが、16~17年前なのは間違いない。

 かなり昔のモデルだが、今でも快調に動いている。サバゲーにも全く支障はない。

 買った当初に数回しか使わず、期間の大半をライフルケースの中で過ごしていたので、保存状態が良かったというのも大きいだろう。

 去年、久しぶりに使い始める前にはさすがに不安があったので、ショップにメンテナンスを依頼した。
 パーツ交換などの追加費用はなかったので、内部的にも問題はなかったのだろう。

 それからはインナーバレルの掃除など、日常的なメンテだけで済ませている。

 個人的にメカボックスを開ける勇気はないので、

 メーカーの公式値としては、スタンダード電動ガンの場合「3万発」を超えると部品交換などのメンテナンスが必要な状態になるという。

 これが思いっきりフルオートで撃ちまくっての3万発なのか、セミオートでちょっとずつ撃っての3万発なのか。
 撃ち方や使い方の違いによって影響の出方は変わってくるので一概には言えない。

 私の場合、1日のゲームで撃つのは多くても400発くらい。
 月に1回サバゲーに行くとして、1年間の弾の消費は約4800発。

 サバゲー以外にシューティングレンジで撃つこともある。それを含めても年間7000発程度だと思う。

 ということは、計算上の耐用年数は約4年。
 本格的に使い始めたのは去年からなので、あと3年ということになる。

 サバゲーに行く回数が増えれば弾の消費も多くなり、寿命はさらに短くなるだろう。

 しかし、あと3年で必ず壊れるとも限らない。3万発を超えても普通に動くという話もあるし、一応の目安と考えればいいだろう。

 来年になれば、またメンテナンスに出すつもりだ。
 修理費用によっては買い替えてもいい。

 いつか壊れるモノだとしても、愛着のある銃である。
 長く使えるに越したことはない。










サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00│Comments(0)雑記 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

遠野明

2019年1月より再始動した大阪在住のアラフォー・サバゲーマー。
チーム「3K」所属。
メインアームはHK416C。サイドアームはBM-9とM9A1。
サバゲー以外なら猫とSF小説と映画が好き。

記事検索