2020年05月09日

BM-9セカンドロット・新パッキンと新バレルのこと

DSC03101

 ガンスミスバトンのBM-9 CO2GBB

 先日、バトンのブログにて、BM-9用の新パッキンが無償で提供されるというお知らせが出た。

BM-9 CO2GBB 2nd 改良ホップアップパッキン無償提供のお知らせ

 ただし、対象はBM-9のセカンドロットを購入したユーザー、及びBM-9ファーストロットに改良パーツを組み込んだユーザーのみである。この中にはバトンに改良パーツの組み込みを依頼した人も含まれる。

 バトンから直接購入したユーザーに対しては、購入履歴から自動的に送付されるとのこと。
 私はバトンに改良パーツの組み込みを依頼したので、自動的に送られてくることになる。

 ややこしい話だが、セカンドロットにはすでにファーストロットから改良されたパッキンが組み込まれている。
 今回の新パッキンは、それに対するさらなる改良品であるらしい。

 以下はセカンドロットの現行パッキンの断面図。

セカンドロット旧パッキン

TK-W2 ホップアップパッキン

 そして以下が今回の新パッキンの断面図である。

セカンドロット新面パッキン

TK-WF 面ホップアップパッキン

 どちらも独特なホップ形状をしている。
 2つを比べると、現行パッキンはいわゆる「2点支持タイプ」のようだ。新パッキンは名称通り「面ホップタイプ」である。

 面ホップの形状は、メイプルリーフのパッキン「ディセプティコン」にある三角形の面ホップと少し似ている。

ディセプティコン,ホップ形状

[MAPLE LEAF] VSR系/各種ガスガン用 ホップアップラバー[Gunsmith BATONステッカー付属](スーパー:面ホップ[50])

 BM-9はファーストロットの頃から「面ホップパッキンに交換すると弾道が安定する」との話があった。私もそれを参考にメイプルリーフのディセプティコンを組み込んでみたが、ポン付けではうまくいかなかったことがある(そのときの結果はこちら)。

 新パッキンが面ホップを採用しているのは、やはり面ホップの効果が正しかった、ということなのだろう。

 しかし!

 この新パッキン、以下の新インナーバレルと併用することで、さらなる効果が見込めるらしい。

流速ルーズバレル,OF-H

【ハンドガン用】流速ルーズバレル 6.10 OF-H 新発売!

流速ルーズバレル,OF-H,構造

 通常のインナーバレルを延長するようにスリーブが追加されている。バレルからBB弾が飛び出した後も、バレルからオバーフローしたエアーがBB弾を包み込むことで、より弾道を安定させる……という理屈のようだ。

BM-9,流速ルーズバレル取付

 スリーブが追加される分、インナーバレルがマズルぎりぎりまで長くなるという。

DSC03157

DSC03158

 現行のインナーバレルは奥まった位置にある。

DSC02573

 現行のバレルは外から見えても違和感が無いように黒色に塗られている。
 新バレルは通常の金属的な銀色なので、バレルがマズル付近まで伸びるなら正面からの面構えが変わることになる。

 しかしこの新バレル、どこかで見たことがあるような……

 これってメイプルリーフのクレイジージェットバレルじゃね?

クレイジージェットバレル

[MAPLE LEAF] クレイジージェット インナーバレル【ガスブロ用】(113mm:ハイキャパ5.1,M1911,M9A1)

クレイジージェットバレル,構造

 ほとんど一緒やんけ!

 正確にはバレル先端のスリーブの構造に違いがあり、新バレルはメイプルリーフのような二重構造になっていない。
 さながら、新バレルは「簡易版・クレイジージェットバレル」とでも言うべきものである。

 原理は似たようなものだが、構造が違うので本当に同じ効果が出るのかは撃ってみないと分からない。

0507172457_5eb3c5d98d49b

 バレル・ホップパッキン比較テストの結果表では、BM-9は「新バレル+新パッキン」の組み合わせが、最も初速が高い。
 0.20g弾で80~85といえば電動ガン並みである。ここまで出るならCO2ハンドガンらしいと言えるだろう。

 集弾性も20メートル以降は10発中6~7発と安定しているように見えるが、これは他の組み合わせもあまり変わらない。
 そもそも20メートル以上の距離をハンドガンで狙おうとは思わないので、(良いに越したことはないが)遠距離の集弾性はあくまで参考程度に考えている。

 そもそも、セカンドロットになったBM-9をまだろくに撃っていない。
 現行バレルと現行パッキンで問題が無いと分かれば、新バレルも新パッキンも必要ないかもしれない。
 個人的な評価が済むまでは何とも言えないところだ。

 とはいえ、BM-9に新たな展開はもう無いと思っていただけに、新パーツが出たことは嬉しい知らせである。
 人気が長続きすればセカンド、サードとロットを重ねていくごとに改良が進んでいくことも期待できそうだ。

 BM-9、まだまだ終わらんよ!











サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00│Comments(0)BM-9 CO2GBB 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

遠野明

2019年1月より再始動した大阪在住のアラフォー・サバゲーマー。
チーム「3K」所属。
メインアームはHK416C。サイドアームはBM-9とM9A1。
サバゲー以外なら猫とSF小説と映画が好き。

記事検索