2020年06月10日

お手軽なカスタムのこと

DSC_0460

 サバゲーをやり始めて自分の銃を持つようになると、「カスタムしたい欲求」が高まってくる人もいるだろう。

 今ではサードパーティー製でカスタムパーツが豊富に出ている(中には効果の怪しいものもあるらしいが)。それらを組み込んで性能を高めた銃を作っているサバゲーマーさんも多い。

 命中精度がすごい、飛距離がすごい、トリガーレスポンスがすごい、発射サイクルがすごい……

 そんな銃には誰もが憧れる。

「自分だけの強い銃が欲しい!

 とはいえ、何から手を付ければいいのやら、という人は多いだろう。

 知識や技術も必要だし、内部のメカをいじるのは怖い。もとに戻せなかったり、壊したりしたらどうしよう?
 かといってショップにカスタムを依頼するのもお金がかかる……

 なかなかカスタムに手を出せない人もいると思う。私もその一人だ。

 そんな「カスタム初心者」の方々におすすめなのが、外装カスタムである。

 銃の外装にパーツを付けて見栄えを良くしたり、使い勝手を良くするのが「外装カスタム」である。

 性能が変わるわけではないが、「見た目」という誰にでも分かりやすい要素を簡単にかっこよく変更できる。
 パーツの交換だけで済むのでカスタムの入口としては最もハードルが低い。

 例えば、カモフラージュテープ

 銃の外見を一番変えるのは塗装である。
 しかし塗装は基本的に一発勝負。塗料の扱いも独特だし、やり直すのは難しい。

 そんな塗装の代わりにテープを巻くだけで簡単に色を変えられるのが「カモフラージュテープ」である。
 私の愛銃・HK416Cにもやってみたことがある。そのときの記事がこちら

 以前のバットプレートに引き続き、もう1ヶ所、テープを巻くことにした。

DSC02959

 それはフォアグリップである。

 マルイのショートグリップは表面がつるつるしていて、素手で持ったときに少し滑る。
 実際のサバゲーでは手袋をするが、それでも滑り止めがあるに越したことはない。

 そんなわけで巻いてみた。

DSC03245

 完了!

 簡単だが、これだけでも立派な外装カスタムである。

 もうひとつは、レールカバーだ。

 最近の銃には、様々なアタッチメントを付けるために「20ミリレール」を装備したものが標準的になっている。それどころか、今や「キーモッド」や「Mロック」などの新しい機構が登場しており、やや古びた感も出てきた。

 そんな20ミリレールを保護するのが「レールカバー」である。

 私が最近購入したのが以下。

DSC03249

ラバーレイルガード・12ピース

DSC03252

 1枚の大きさが5センチほどで、必要な範囲だけに付けることができる。
 素材は硬めのゴム製。指で簡単に曲げられるため、取り付けも楽ちん。

 1280円で12個入りなのでコスパもいい。

DSC03001

 以前は上記画像のような長いカバーを使っていたが、とても硬く、取り外しがあまりに面倒なので使うのをやめた(前のカバーについてはこちら)。

DSC03248

 最初はむき出しのレールも……

DSC03247

 カバーを付けるだけで印象も変わる。

 下面のレール、フォアグリップとウェポンライトの間にもカバーを付けたのがミソである。
 素手で触っても痛くない、手に優しい銃になった。


 このように、

付けるだけ!

巻くだけ!

 で、改造した気になれるのが外装カスタムの利点である。

 ただし、メーカー純正ではないオプションパーツを付ける場合は注意が必要だ。銃の種類によっては付けられないものであったり、取り付けのために加工が必要な場合もある。

 そのあたりは事前にネットのレビュー等で情報収集をしてほしい。

DSC02974

 箱出しではこうだったものが……

IMG_20200607_175834

 今やこうなのだ!

 外装だけとはいえ、カスタムはカスタムである。


 千里の道も一歩から。










サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00│Comments(0)初心者のために | HK416C

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

遠野明

2019年1月より再始動した大阪在住のアラフォー・サバゲーマー。
チーム「3K」所属。
メインアームはHK416C。サイドアームはBM-9とM9A1。
サバゲー以外なら猫とSF小説と映画が好き。

記事検索