2020年06月15日

BM-9の新バレルを買ったこと

 ガンスミスバトンのBM-9 CO2GBB。

 セカンドロットになっても性能が安定しない困った奴である。

 そんな中、BM-9用の新バレルを購入してみた。

DSC03313

流速ルーズバレル 6.10 OF-H ハンドガン用

 どういうバレルなのかはこちらを参照のこと。

DSC03314

 見た目はメイプルリーフのクレイジージェットバレルとほぼ同じ。

DSC03314-1

 しかし、マズル付近は独自構造のようだ。

DSC03315

 ホップ窓の形状を見ているうちに、気づいたことがあった。

DSC03316

 BM-9セカンドロットのホップ窓より小さいのだ。

 BM-9はセカンドロットへの改修にあたって、ホップ窓を拡大する加工が行われている。
 こうすることで新パッキンである、「TK-WF 面ホップアップパッキン」にも対応できるようになっているのだが、新バレルとの対応はどうなのだろうか?

 TK-WF 面ホップアップパッキンの注意事項には、「ホップ窓の幅が4.4mm以上必要です」と書いてある。

 しかし、新バレルのホップ窓をアナログノギスで測ったところ、4ミリくらいしかないのだ。

 これって小さくない?

 新バレルの注意事項には、「6.10 OFバレル+TK-WFパッキンの組み合わせが最も効果がある」という内容は書かれているが、必要なホップ窓の大きさについては書かれていない。
 素直に読めば新パッキンはポン付けでいいようにも読めるが……

 とりあえずホップ窓のことを問い合わせしてみた。

 その結果、「バレル側への加工は必要ない」とのことだった。
 ホップ窓を広げる必要があるのは、ファーストロットのインナーバレルを使用する場合だけらしい。

 おお、それなら安心して組めるぞ。








サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00│Comments(0)BM-9 CO2GBB 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

遠野明

2019年1月より再始動した大阪在住のアラフォー・サバゲーマー。
チーム「3K」所属。
メインアームはHK416C。サイドアームはBM-9とM9A1。
サバゲー以外なら猫とSF小説と映画が好き。

記事検索