2020年08月24日

簡単な光学機器の選び方のこと

 「選び方」というより、どういうふうに買えばいいかという「考え方」と言った方がいいかもしれない。

 私の光学機器遍歴は極端だ。

DSC03553

 最初に買ったのが、初心者向けの激安ドットサイト

DSC03554

 次に買ったのがイオテックの実物ホロサイト

 この2個しか買ったことがない。

 いろんなレプリカを買った末に実物を買いました、という経緯が全くない。
 「遍歴」と呼べるものすらないので何だか申し訳ないです。

 何とも両極端であり、そういう意味では「簡単」かもしれない。




 エアガンに載せる光学機器を選ぶ場合、実用であれファッションであれ、最初は2000~3000円台の安いものから入るのが良いと思う。
 基本的な使い方を覚えるのには単純なものがいいし、万が一、レンズに被弾して壊れても財布の痛みが少ない。

 安すぎると「ゼロインができない」といった話もあるが、このモデルはきっちりゼロインができたし、実用上も全く問題なかった。

 個人的には上記のドットサイトのように、レティクルの色と形状が選べる種類のものが1台目としておすすめである。

 サイトの「見やすさ」は個人の視力などによって必ずしも同じではない。

(レティクル形状)レティクル

 レティクルの色も、緑の方が見やすいという私のような人もいれば、赤が見やすいという人もいる。
 レティクルの形状も、ただのドットの方が見やすいという人もいれば、私のようにサークルがあっても構わないという人もいる。

 2台目以降の光学機器を買うなら、それがレプリカであれ実物であれ、1台目よりも自分に合ったものの方がいい。
 それを考えると1台目を何にするかは重要かもしれない。

オープンタイプ

 ドットサイトにはレンズがむき出しの「オープンタイプ」と、

チューブタイプ

 スコープのように円筒状になっている「チューブタイプ」の2種類がある

 どちらが見やすいかは、これも人によるので実際に覗いてもらうしかない。

 ちなみに私はオープンタイプの方が好きである。レティクルの出るレンズの周囲に何もなく、視界が広く取れるからだ
 チューブタイプは筒の中を覗き込むので、どうしても視野が狭まる感じがするので好きではない。

サンシェード付き

[AERITH BLACK] リフレックス オープンドットサイト

 とはいえ、オープンタイプでもこのようなサンシェード付きもあるので、こういうのでもいいかも。

DSC03557

 2台目として、私はいきなり実物ホロサイトを買うという暴挙(?)に出た。

 こんなやつはそうはいないだろう。

 5000~1万円代のレプリカを何台も試しては「あーでもない」、「こーでもない」と文句を言うくらいなら、いっそのこと文句のつけようがないやつを買ってしまえばいい、という考え方をしたのである。

 とはいえ、実物購入に踏み切るだけの下地はあった。

 2019年の冬の「ショットショージャパン」で、ホロサイトのレプリカと実物を覗き比べる機会があった。
 そして1台目のドットサイトのおかげで、レティクルが緑色の方が見やすいことも分かっていた。

 あとはお金と、「どこで買うか」という問題だけだった。

 お金はなけなしの冬のボーナスをつぎ込み、「ミリタリーサイト」さんからグリーンレティクルのモデルを購入した。

マグニファイア

 ホロサイトの後ろに「マグニファイア」(またはブースター)という低倍率のスコープを載せることが流行っている。

 が、私はそこまではしないつもりである。

DSC03295

 HK416Cというせっかくのコンパクトカービンである。
 これ以上、何かを載せて重くしたくない。

 これらホロサイトや、マグニファイアの組み合わせもレプリカが出ているが(たとえばこちら)、ものによってはほとんど当てにならないらしい。

 ゼロインができない、ブースターを通すとレティクルがぼやける、といった話は多く、ほとんど実用的ではないらしい(詳細な比較はこちら)。

 まあ、ファッションだと割り切るのならばそれも良しである。

ショートスコープ

 最近はアサルトライフル用のショートスコープというものもある。

 5~6年前ならこれも結構な値段がするものだったが、ベクターオプティクスなどの登場によって、手に入りやすい値段になってきている。

 しかし、これは初心者向きとはいえない。

 下手に倍率があるために、交戦距離に応じての使い分けが難しいかもしれない。

 自分がどの距離で戦いたいのか。
 近距離でどんどん攻めていきたいのか。一歩下がったところから正確に射撃したいのか。
 そうしたプレイスタイルが確立されないうちから使うのは、結果的に使いこなせず終わるかもしれない。

 とはいえ、それを分かった上で使う、あるいはショートスコープが活かせるような銃(たとえばマークスマンライフルなど)を使いたい、というのであれば、これ一択でもいいだろう。


 最近は全長の短いAR系、いわゆるPDWタイプが流行である。

 それならば、まずは安いドットサイトから始めてみてはいかがだろうか。

 1台目で満足できればそれで良し。

 2台目が欲しくなれば、それもまた良しである。










遠野明:ツイッター(@lifeisgunfire)

遠野明:note


サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00│Comments(0)初心者のために 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

遠野明

2019年1月より再始動した大阪在住のアラフォー・サバゲーマー。
チーム「3K」所属。
メインアームはHK416C。サイドアームはBM-9とM9A1。
サバゲー以外なら猫とSF小説と映画が好き。

記事検索