初心者のために

2020年07月20日

エアガンの重さと選び方のこと

DSC03434

 先日、エアガンの長さを日本刀との関係で考えてみた(こちら)。

 今回は「エアガンの重さ」について考えてみる。

 使いやすいエアガンの重さはどのくらいか?

 何をもって「重い」または「軽い」と感じるかは、完全に「人による」としか言いようがない。
 体力や腕っぷしの強さによって違ってくるのは当たり前だ。

 ゴルフクラブとかなら、人によって最適な重さがあるらしいが、エアガンはゴルフみたいに振り回すものではない。
 これは参考にならない。

 また、銃を好みで選ぶ場合も、重さは関係の話と言える。

 好きな銃であれば、それが何キロであろうとそれを使うしかない。そして筋トレするしかない。
 愛があれば、重さや使いにくさは克服できると言われている。

 とはいえ、どれだけ腕っぷしが強かろうが、軽ければ軽いほど扱いやすいのは事実である。

 重さの基準値は特にないが、個人的には3kgがボーダーラインではないかと思う。

 3kgというと、東京マルイの次世代電動ガン・SOPMOD M4が、3.27kg
 同じく次世代のM4A1カービン2.97kgとなっているので、だいたいそのあたりである。

 3kg未満、特に2kg代前半は明らかに軽い。

 3kgを超えると、私は長時間、保持するのがキツくなってくる
 サバゲーの場合、午前中はいいとしても、午後になるにつれて疲れてくることが多かった。

 そんな私なので、4.5kgもあるHK417 アーリーバリアントがどれほど化け物か、想像すると恐ろしい。

 では私の愛銃・HK416Cはというと、3.1kgである。

 3kgを超えるので少し重い方に入るが、HK416Cは全長がM4系よりもさらに短いため、重くはあっても保持しやすい。
 重さが気になりにくい機種であると言える。

 重くても持ちやすいというのは稀な機種かもしれない。

 ひとまず3kgを基準にして考えてみてはいかがだろうか。

 みなさんがより多くの愛銃と出会えますように。










遠野明:ツイッター(@lifeisgunfire)


サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年07月16日

エアガンの長さと選び方のこと

DSC_0460

 時々、ツイッターでこんな質問を見かける。

「銃、買うんですけど、何がいいですか?」
「オススメの銃、教えてください!」

 初心者の人に銃を進めるのって、ちょっと気を遣う。
 特にライフルなどの長物はそうだ。

 自分の好みを押し付けるのはよくないけど、好きな銃(マルイのHK416C)は薦めたい。

 とはいえ安い買い物ではないし、どの機種を買うにせよ、納得した上でお金をかけてほしいとも思う。

 私の場合、結局は「好きな銃が一番」とか、「とりあえずマルイの次世代を」という無難な返答をしてしまいがちだ。
 どちらも間違ってはいないんだけど。

 銃の選び方は人それぞれだが、何か根拠のある選び方はないものか?

 調べてみると、こういうブログを見つけた。

サバイバルゲームチームBadger(バジャー)日記:長物エアガンの長さを選ぶ

 「構えたときにサポートハンドで銃口を握れる」長さ、というのはかなり説得力がある。

 銃の全長が短い方が取り回しやすいのは誰でも分かるが、体に合った長さで考えるというのは盲点だった。

 私の愛銃・HK416Cで試してみると……

 めっちゃ届いた

 何なら銃口を手のひらで塞ぐことができるくらいだった。
 以前からHK416Cはちょうどいい長さだと感じていたが、やはり私の体に合っているらしい。

 そこであることを思い出した。

 日本刀の選び方って使えないだろうか?

 日本刀の平均的な長さは「2尺3寸」、約60センチ強とされているが、実際には持ち主の身長に応じて、体に合った長さがあると言われている。

 日本刀と同じ基準で銃を選ぶとどうなるだろう?

 そこで以下のサイトを参考にすることにした。

 株式会社 星道(純日本製 武道用品専門店)

身長と最適な刃渡り

 上の表は「居合刀の選び方」というページから引用させて頂いた。

 本来はこの表の右側に「最適な柄の長さ」や刀身の重量などがあるが、銃の場合、柄はグリップに当たるので考えないことにする。
 刃渡り、イコール、銃の全長(銃口からストック後端までの長さ)だとして、この表をもとに考えてみた。

 私の場合、身長は155~160センチの範囲になるので、最適な長さは68.2センチということになる。

 では私のHK416Cは何センチか?

DSC03435

 実際に使っている状態を想定し、ストックを伸ばした状態の全長を巻き尺で測った。

DSC03436

 約67センチ

 ピッタリやんけ!

 まさかここまで一致するとは思わなかった。

 いや待てよ、数字が一致するのは偶然かもしれない。

 表では身長が5センチ変わるごとに、刃渡りは5分(約1.5センチ)ずつしか変化していない。
 刃渡りの最大長さは81.8センチとなっているが、これは東京マルイの次世代電動ガン・SOPMOD M4と同じくらいだ。

 M4系のようなカービンライフルは、ライフルの中でも短い方だと言われている。
 にもかかわらず、最適な身長は195センチ以上となっている。
 これでは、かなりの大柄な人でないとM4は使いにくい、ということになってしまう。

 どういうことだ……?

 いや、これもある意味で正しいのではないか。

 そもそも人気のある長物エアガンは、そのほとんが海外製の実銃をモデルアップしたものだ。当然サイズ感も欧米人を基準に作られている。M4系がいくら短いといっても、それはあくまで欧米人の体格にとっての話なのだ。
 小柄な日本人の基準ではM4でも長い方なのだと考えることもできるだろう。

 東京マルイの電動ガンボーイズシリーズの長さも、およそ50センチから60センチであり、身長150センチ以下の子供向け長さだと考えれば筋が通っている。

 そうなると、この表もあながち間違いではないのかもしれない。

 G&GアーマメントのARP9が日本で好評を博したのは、ひとつにはその49.7センチという短さによる取り回しやすさがあったわけだが、これの電動ガンボーイズのような「10禁バージョン」が出れば、その長さから考えて若年層にももっと広まる可能性も出てくる。

 もちろんエアガンには多くの魅力があり、長さで選ぶのが必ずしも正しいわけではない。
 あくまで考え方のひとつとして参考になれば幸いである。

 みなさんがより多くの愛銃と出会えますように。











サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年06月10日

お手軽なカスタムのこと

DSC_0460

 サバゲーをやり始めて自分の銃を持つようになると、「カスタムしたい欲求」が高まってくる人もいるだろう。

 今ではサードパーティー製でカスタムパーツが豊富に出ている(中には効果の怪しいものもあるらしいが)。それらを組み込んで性能を高めた銃を作っているサバゲーマーさんも多い。

 命中精度がすごい、飛距離がすごい、トリガーレスポンスがすごい、発射サイクルがすごい……

 そんな銃には誰もが憧れる。

「自分だけの強い銃が欲しい!

 とはいえ、何から手を付ければいいのやら、という人は多いだろう。

 知識や技術も必要だし、内部のメカをいじるのは怖い。もとに戻せなかったり、壊したりしたらどうしよう?
 かといってショップにカスタムを依頼するのもお金がかかる……

 なかなかカスタムに手を出せない人もいると思う。私もその一人だ。

 そんな「カスタム初心者」の方々におすすめなのが、外装カスタムである。

 銃の外装にパーツを付けて見栄えを良くしたり、使い勝手を良くするのが「外装カスタム」である。

 性能が変わるわけではないが、「見た目」という誰にでも分かりやすい要素を簡単にかっこよく変更できる。
 パーツの交換だけで済むのでカスタムの入口としては最もハードルが低い。

 例えば、カモフラージュテープ

 銃の外見を一番変えるのは塗装である。
 しかし塗装は基本的に一発勝負。塗料の扱いも独特だし、やり直すのは難しい。

 そんな塗装の代わりにテープを巻くだけで簡単に色を変えられるのが「カモフラージュテープ」である。
 私の愛銃・HK416Cにもやってみたことがある。そのときの記事がこちら

 以前のバットプレートに引き続き、もう1ヶ所、テープを巻くことにした。

DSC02959

 それはフォアグリップである。

 マルイのショートグリップは表面がつるつるしていて、素手で持ったときに少し滑る。
 実際のサバゲーでは手袋をするが、それでも滑り止めがあるに越したことはない。

 そんなわけで巻いてみた。

DSC03245

 完了!

 簡単だが、これだけでも立派な外装カスタムである。

 もうひとつは、レールカバーだ。

 最近の銃には、様々なアタッチメントを付けるために「20ミリレール」を装備したものが標準的になっている。それどころか、今や「キーモッド」や「Mロック」などの新しい機構が登場しており、やや古びた感も出てきた。

 そんな20ミリレールを保護するのが「レールカバー」である。

 私が最近購入したのが以下。

DSC03249

ラバーレイルガード・12ピース

DSC03252

 1枚の大きさが5センチほどで、必要な範囲だけに付けることができる。
 素材は硬めのゴム製。指で簡単に曲げられるため、取り付けも楽ちん。

 1280円で12個入りなのでコスパもいい。

DSC03001

 以前は上記画像のような長いカバーを使っていたが、とても硬く、取り外しがあまりに面倒なので使うのをやめた(前のカバーについてはこちら)。

DSC03248

 最初はむき出しのレールも……

DSC03247

 カバーを付けるだけで印象も変わる。

 下面のレール、フォアグリップとウェポンライトの間にもカバーを付けたのがミソである。
 素手で触っても痛くない、手に優しい銃になった。


 このように、

付けるだけ!

巻くだけ!

 で、改造した気になれるのが外装カスタムの利点である。

 ただし、メーカー純正ではないオプションパーツを付ける場合は注意が必要だ。銃の種類によっては付けられないものであったり、取り付けのために加工が必要な場合もある。

 そのあたりは事前にネットのレビュー等で情報収集をしてほしい。

DSC02974

 箱出しではこうだったものが……

IMG_20200607_175834

 今やこうなのだ!

 外装だけとはいえ、カスタムはカスタムである。


 千里の道も一歩から。










サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年04月14日

HK416Cを買ったこと

DSC_0649


 ついにHK416C カスタムを注文したぞ!!

 遅ればせながら、これで私も次世代電動ガンデビューである。

 注文したのはいつもお世話になっているガンショップ・FIRSTのネット通販。

 ここでは本体を購入するとき、同時に付属品も選んで買うことができる。

 バッテリーや予備マガジンだけでなく、ドットサイトやその他の装備など、サバゲーに必要な装備が丸ごと揃うセットもある。
 これさえ買えばすぐにでもサバゲーに行けるだろう。

 装備を選ぶのが面倒とか、特にこだわりが無いという人はこういうのでもいいかもしれない。

 また、カスタムプランを選んで購入することもできる。
 これをすると、あらかじめFIRSTでカスタムを施してから送ってもらえるため、手元に届いたときにはすでにカスタムガンとして仕上げられている。

 カスタムのためにわざわざFIRSTに送り返す必要がなくなるので、最初からカスタムガンを使いたいという人には便利なサービスだ。

注文画面


 私の場合、カスタムは必要ないので選ばなかった。

 その代わり、「超! 安心パック」というものを付けてみた。
 これはFIRSTの「90日保障」と、「SBDキットの組み込み」をセットにしたものである。

 「SBDキット」という言葉を初めて知った。

 「SBD」とは、「ショットキーバリアダイオード」の略で、トリガーのスイッチ部分に逆流する電流を抑え、スイッチの金属部分の劣化を防ぐものだという。

 チーム「3K」で行ったことのあるフィールドはセミオートのゲームがほとんどなので、これは良いかもしれない。

 モーターに配線を追加するだけの簡単な加工で済むようだし、値段もそれほどしないのでお願いすることにした。

IT_0601PYC00001


 次に、パカ山クラフト製の次世代電動ガン マグ・パイプM4も購入した。

 本来、スタンダード電動ガンのマガジンは次世代電動ガンでは使えない。

 しかし、これを本体内部の給弾口にアダプターとして設置することで、次世代でもスタンダードのマガジンを使えるようになる。

 これを付けると弾を撃ち切ったときのオートストップ機能が働かなくなってしまうという欠点はあるが、新たにマガジンを買い直す必要がないので費用面での利点が大きい。

 特に、次世代のM4では通常のショートマガジンが出ていないため、スタンダードのショートマガジンを使い続けたい私としては嬉しいところである。


 そういうわけで金額を見ると……

HK416Cカスタム:¥45,320
超! 安心パック:¥3,980
マグ・パイプM4:¥2,178
送料および手数料:¥880
ポイント値引:¥-47

 合計、5万2311円。

 結構な金額に見えるが、いま持っているM4A1/RISは同じFIRSTへ中古買取をお願いする予定だ。ついでに処分したい装備もある。
 それと相殺することになるので、実際には5万円を切るだろう。

 あ! 新しいガンケースも買わなきゃ!










サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年03月24日

装備の合計金額のこと

 よくYouTubeなどで、「サバゲー装備にウン万円かかりました!」とか、「ウン万円でサバゲー装備買ってみた!」という、装備費用の動画がある。

 そこで、私も自分の装備がいくらかかっているのかを調べてみた。

DSC02921

IMG_8942


 カバンとかマーカーとか工具とか、細かいものを上げればきりがない。
 最初に買ったドットサイトなど、買ったけれど今は使っていない装備もある。

 ひとまず上の写真のように、現在ゲーム中に身に着けている銃や装備に限って全ての金額を合計してみた。

 その結果が以下!

装備費用合計

(画像大きいので注意)

 合計、28万7957円


 にじゅうはちまんえん?!!


 なるべく安いものを選んでいるつもりだったのに……!

 チリも積もれば何とやらである。

 個々の金額はよく覚えていないものもあり、アマゾンで類似品の金額を入れてある。
 ほとんどのものはアマゾンで買えるはずだ。

 28万といっても、その3分の1はイオテックの実物ホロサイトのせいである。
 やはりとんでもないものを買ってしまったのだ。

 第2位が電動ガンなのは妥当なところ。
 金額はバッテリーと充電器込みの値段である。

 ほぼ同額で第3位なのが、インサートレンズとトレッキングシューズ
 視界と足回りの快適さは安全面でも大事なので、ある程度お金はかけるべき。

 第4位が思い出深いBM-9 CO2GBB
 セカンドロットでその性能がどれだけ向上するか楽しみだ。

 迷彩服や無線機も比較的高いものを使っているのが分かる。

 とはいえ高価な装備はそのくらいで、全体の8割は5000円未満である。

 それに28万円といっても1年以上かけて徐々に揃えていったものだ。
 電動ガンは16年ほど前に買ったものだから減価償却は済んでいると言えなくもない。

 サバゲー歴14ヶ月なので、月平均2万500円ほどになる。
 そう考えるとたいした金額でもない……ような気がする。


 軍拡は正義。

 でも財布とはよく相談しましょう。










サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年03月19日

ショップカスタムのこと

DSC02921

 エアガンショップでは、ショップ独自のカスタムを請け負うところが多い。

 FIRSTAIRSOFT97モケイパドックなど、サイト上で様々なカスタムプランが公開されている。

 飛距離、初速、集弾性、発射サイクル、耐久性、静粛性などの向上をうたったものがほとんどで、銃の性能を上げるための内部カスタムが中心となっている。

 カスタムに興味はあるけど自分で内部をいじるのは怖い、という人には(工賃はかかるが)嬉しいサービスだろう。

 このような「ショップカスタム」は本当に性能が上がるのか?

 自分の銃もカスタムを依頼した方がいいのか?

 特に初心者の方で、自分の銃を持ったばかり、という人は興味があるかもしれない。

 結論から言うと、どうしてもカスタム品が欲しいならば、依頼してもいいだろう。

 ショップにもノウハウの蓄積がある。大手のところではそれほど的外れなカスタムをされることは無いだろう。
 効果のないカスタムをすれば、このSNS全盛の時代、あっという間に悪評が立つ。

 性能は上がるかもしれない。

 ただし、どんなカスタムであっても、内部をいじることは銃のバランスを崩すことになる。

 エアガンに限らない話だが、製品は「新品」かつ「箱出し」の状態が最も品質として安定しているものだ。
 内部にカスタムを施すということは、その安定した状態を崩すことを意味する。

 特に東京マルイ製品の場合はその傾向が強いとされ、次世代電動ガンは箱出しの状態でカスタムが不要なほどの性能を持つと言われている。

 へたに内部パーツを変えると別のパーツにしわ寄せが行き、結果ショップへメンテナンスに出す回数が増え、余計なお金がかかることもあるという。

「たとえお金がかかっても、銃の寿命が短くなっても、この性能が欲しい!」

 という強い意志(欲望)と大きな財布がなければ、カスタムには手を出さない方が得策である。

 しかし何事にも例外はあるものだ。

 海外製品はカスタムをした方がいい場合もある。

 G&Gなど海外製のエアガンも品質が上がってきているとはいえ、日本製に比べればまだ及ばないメーカーもある。

 まともに動かないとか、弾が出ない・飛ばないという個体も中にはあるもので、そうした「故障一歩手前」のような銃に当たった場合は、修理の意味も含めてカスタムに出す価値はあるだろう。

 それでも大幅な性能アップは期待すべきではない。前述のように、その性能を維持するためにお金がかかり続ける可能性があるからだ。

 とはいえ、初心者の方はほぼ間違いなく東京マルイ製品を薦められるので、ここまでは考えなくていいかもしれない。


 カスタムは沼である。

 初心者の方は銃を買う以上に慎重になるべきだと思う。










サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年03月05日

必要な弾数のこと

DSC02891


 サバゲーでは何本くらい予備マガジンを持つべきか?

 必要な弾数として何発くらい持てばいいのだろう?

 M4のショートマガジンを買ったことで改めて考えてみた……のだが、結論はある程度決まっている。

 これはその人のプレイスタイルによるので、好きなだけ持てばいい。

 とにかく撃ちまくりたい人はもちろんのこと、弾切れになる心配をせずにゲームに集中したい人なども、一度に多くの弾を持てるようにした方がいい。

 最近では多弾マガジンドラムマガジンも種類が充実している。

 軽機関銃などを持たなくても、一人で何千発も持ち運ぶことはできる。

 多弾マガジンはゼンマイで給弾する方式のため、事前にゼンマイを手動で巻かなければならず、準備に手間がかかるのを好まない人もいる。

 最近では電動の巻き上げ機構がついたものや、巻き上げをやってくれる「早巻き君」などの機械もあるとはいえ、弾を補充するだけなのにそこまでお金をかけたくないという人もいるだろう。

 また、装備のリアリティにこだわる人にとっては、現実ではありえないほどの弾を持ち運べる多弾マガジンは「邪道」とする人もいるが、それはごく一部の層だけだ。


 私は多弾マガジンは使っていない。

 マガジンを差し替える動作を楽しみたいというのもあるが、そもそも1ゲームでそんなに弾を消費することがないからだ。

 私はM4用の通常マガジン(68発入り)を計4本(272発)装備しているが、1ゲームでマガジンチェンジをすることはほとんどない。
 1日を通しても数回程度だと思う。

 1ゲームが終わればセイフティーに戻って弾を補充するため、1日で一度も使われないマガジンもある。

 予備マガジンの数はもっと少なくていいのではないか?

 ショートマガジンを買ったことをきっかけに、装備する弾数を見直すことにした。

 ショートマガジンは1本あたり80発入り。今と同じ4本のマガジンを持てば計320発となり、通常マガジン4本(272発)より18パーセントほど多くの弾を持つことになる。

 今ですら多いのに、これはさすがに持ち過ぎだ。

 一方、ショートマガジンを3本だけにすれば計240発となり、今よりも13パーセントほど弾数は少なくなる。

 まあ、そのくらいなら減っても支障はないだろう。
 今まで行ったことのあるフィールドはセミオート戦が中心なので、弾不足になることはないと思う。

 やはり全部ショートマガジンにしよう!

 通常マガジンは中古品で売ってしまおうかなあ。

 あとはプレートキャリアの構成を考え直そう。









サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年02月24日

グローブのこと

PIC_0032

 サバゲーをするにあたって、あまり目立たないが重要な装備がある。

 それが手袋(グローブ)である。

 サバゲーを始めたばかりという人は軍手でも構わない。ホームセンターで安く手に入る。

 しかし、サバゲーをこれからも定期的に続けようというのであれば、ぜひ自分の手に合ったものを買ってほしい。

 定例会などに出て回数が増えると、それに応じて被弾する機会も多くなる。
 弾が一番当たるのは体や顔だが、意外にも手や指先にも結構当たるのだ。

 おそらく銃を構えると、体よりも前に手を突き出すことになるからだろう。体の前にある分だけ弾にも当たりやすい。

 指に被弾したときの痛みは尋常ではない。
 タンスの角に足の小指をぶつけたときくらいのショックがある。

 そんな痛みを受けないためにも、手袋は重要な防具だ。
 銃よりも優先して買ってほしいほどである。

 私が使っているのは以下。

DSC02818

メカニクスウェアー・エムパクトグローブ

DSC02819

 この手袋の最大の特徴は、手の甲につけられた分厚いゴムパーツである。
 小指から中指まで外側全体をカバーするゴムパーツは、弾が直撃しても全然痛くない。

DSC02824

 ゴムの厚みは5ミリくらい。
 BB弾に対する防御力という点ではこれ以上のものはない。

DSC02822

 人差し指にはゴムパーツがなく、動かしやすい。

DSC02821

 手のひらには革製の別パーツが取り付けられていて、滑り止め効果も高い。

DSC02820

 手首の固定はベルクロ。

DSC02825

 手首には小さな輪っかがあり、手を入れるときにここを引っ張りながら入れると手が入りやすい。


 色のバリエーションもあるので他の装備とも合わせやすい。

 迷ったらこれ!









サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年02月21日

スリングのこと

 サバゲーで持っていると便利なもの。

 そのひとつが、スリングである。

 銃を体から吊り下げるために必要なスリング。かなりの種類があるのでどれがいいのか迷ってしまう。

 極端なことを言うと、大門団長がレベルアップサバゲー(144発目)「スリングの話」で仰っていたように、スリングは絶対必要なものではない。

 むしろ銃を左右にスイッチングして構えるときには邪魔になることもある。
 これは私もゲーム中にしばしば実感することがあった。

 それでも私がスリングを付けるのは、ふいの脱落防止である。

 めったに起きないことだが、思わず手が滑って銃を落としたらどうなるか。

 電動ガンは実銃ほどの耐久性はない。落としたら壊れることだってある。
 しかも私は高額な実物ホロサイトも付けているわけだから、万が一落として壊れでもしたらと思うとぞっとする。

 そうならないように、もしものためにスリングがあれば少しは安心だ。

 そんな私が使っているのは以下。

DSC02792

サテライト CQBスリングネオ BK

 値段も2992円とお手頃。
 ライラクスより販売されており、色も黒以外にタンとレンジャーグリーンの計3色から選べる。

 特にこだわりがあるわけではないので、パッと見て使いやすそうなものを選んだ。

 いわゆるシングルポイント(またはワンポイント)式のスリングで、左右でスイッチングするときも邪魔になりにくく、自由な射撃姿勢が取りやすい。

DSC02793

 銃側はストックパイプの根元に通している。
 本来ならスリングアダプターを使うべきなのだろうが、ズボラしてます、はい。

 そのため塗装がハゲてきているが、これも使い込んだ感じが出て結構好き。

DSC02794

 このスリングの最大の利点は、主な接続部分がバックル式であることだ。

DSC02795

 脱着がとても簡単で、休憩するときはこのように銃だけを取り外すことができる。
 準備するときもバックルをつなげばいいだけ。すぐにゲームに向うことができるので重宝している。

 スリングは銃やプレイスタイル、さらに体格によっても使いやすいものが変ってくると思うので、いろいろ見て回ってほしい。









サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年01月20日

サバゲーがうまくなること

DSC_0476-3

 サバゲーは「楽しむこと」が重要なのであって、「うまい」とか「へた」とかは関係ない。
 ゲームなのだから一応、勝敗はつくものの、それにこだわる人は少ない。

 そもそも何をして「サバゲーがうまい」と言うのかも曖昧だ。

 たくさんヒットが取れればうまいのか?

 一般的にはそのイメージが強い。
 敵をヒットするのはサバゲーの醍醐味のひとつだし、ヒットされるよりはする方が楽しいのは事実だ。

 私がいつも参考にしている動画、「大門団長のレベルアップサバゲー」では、銃の性能や射撃の技術などを含めた「ヒットを取ること」よりも、敵の弾に当たらないこと、つまり「ヒットされないこと」を重視している。

 確かに、開始早々にヒットされてセイフティーへ戻らないといけないことほどつまらないことはない。
 ヒットされなければ、それだけ長く生存してゲームを楽しむことができるし、攻撃のチャンスが増えればヒットが取れる確率も上がる。

 制限時間いっぱいまで生き残ること。
 文字通り「サバイバル」することが第一歩である、というのが大門団長の考えなのだろう。

 「フィールドに合わせた迷彩服があった方がいい」とか、「裏取り(または横取り)」とか、「構えは薄く」といったアドバイスは、全てそのためにある。

 団長も正面切っての撃ち合いや、装備勢やアーマー勢のような楽しみ方を否定はしていない。
 あくまで「勝ちたいなら」という条件付きの話である。

 これを知ってから、私もヒットされないことを個人的なテーマにしてゲームに参加してきた。

 とはいっても、いつもその通りにできるわけでもなく、ついつい撃ちたいがために突撃してはヒットされたりしている。

 「ヒットされない」ということを目的にする場合、やはり「マップを把握する」ということもかなり大事である。

「この位置はこの方向からは無防備になる」
「この位置はこの方向へ射線が通る」
「この位置はよく敵が隠れている」
「この位置を敵に取られると厄介だ」

 そういうポイントがフィールドには必ずある。
 それらフィールドの特徴をつかんでおけば、攻撃にも防御にも役立つ。

 この特徴をつかむには、とにかくそのフィールドへ何回も行って体で覚えるしかない。
 どこから撃たれたのか、どんな状況でヒットされたかなど、原因を覚えておくのだ。

 勘のいい人なら数回のゲームで見抜いたりするかもしれないが、なかなかできるものではない。

 チーム「3K」は去年、ほぼキャンプ大原を中心にサバゲーをしていた(大原以外で行ったのは、1月のラグーンシティと、6月の泉州タクティカルフィールドのわずか2回である)。
 月1回とはいえ何度も行ったおかげで、最近はようやくフィールドにも慣れてきた。

 だからといって大原では「3K」が強いわけではない。
 やはり経験を積んだベテランさんは強いし、その日の参加者の力量によっても大きく変わる。

 テレビゲームと違って、サバゲーには決まった攻略法など無いと思う。

 だからこそ、いつも新鮮な気持ちで楽しめる。









サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00|PermalinkComments(0)
プロフィール

遠野明

2019年1月より再始動した大阪在住のアラフォー・サバゲーマー。
チーム「3K」所属。
メインアームはHK416C。サイドアームはBM-9とM9A1。
サバゲー以外なら猫とSF小説と映画が好き。

記事検索