作品レビュー

2020年06月18日

『サバゲにGO!2』のこと

DSC03342


 アサウラ先生初のサバイバルゲーム小説の第2巻、『サバゲにGO!2 インドア戦と雨の日の屋外戦』(LINE文庫エッジ)を読んだ。

(※以下、若干のネタバレを含みます※)

 アニメ絵の表紙と挿絵がある本作は、一般的には「ライトノベル」(ラノベ)というジャンルに振り分けられる(正確にはジャンルではなく出版形態のことだが、詳しい議論は省略)。

 しかし、本作を「よくあるラノベ」と思い込んで読むと、期待外れになるだろう。

 最近流行の「異世界転生」やファンタジーでもなく、異種族のキャラクターもいない。
 主人公が特別活躍するわけでもなく、特殊な才能に目覚めるわけでもない。
 とてつもない「どんでん返し」もなく、世界の存亡が左右されることもない。

 ただ、主人公の青年がサバイバルゲームにはまっていく過程が描かれるだけである。

 本作の最大の特徴は、そのリアリティーの出し方にある。

 登場人物たちはもちろん架空だが、エアガンやサバゲーに関する部分は事実を基にしている……というより、事実がほぼそのまま書かれているといってもいい。

 アサウラ先生の体験談が「余談」として文中に書かれていることがそれを表している。

 登場するサバゲーフィールドやそこでのゲーム展開なども、大筋は架空であろうが、細かい部分では非常にリアルだ。
 ここにも先生の実戦経験や他のサバゲーマーさんの戦いの様子が活かされているのだろう。
 私自身も似たようなことがあったと思わされた場面も少なくない。

 そうしてサバゲー経験者の目線で見ていくと、この小説のフィクションの部分というのはかなり少ないのではないか。
 ほとんど「サバゲーあるある」だけで構築されたように読める。

 本作で数少ないフィクション要素は舞白姉妹、そして「ファーストペンギンズ」こと「栗須姉妹」くらいではないだろうか。

 つまり、ほんとのことばかり書いてある

 エアガン選びで悩む心情や、初めてのサバゲーでの緊張感、フィールドのわちゃわちゃ感など、「再現度が高い」なんてものではない。
 まさに、サバゲーマーの日常がそこに「ある」のだ。

 もはや小説の形をしたドキュメンタリーに近い。
 余計な演出をしないことで、リアルに描くことの良さがさらに際立っている。

 終盤の雨の中のゲームはさすがに少年漫画的でフィクション性が高いが、それは「こうも都合よくはいかない」という意味であり、そこで行われている戦術(例えば秋野麒麟のステルス戦法)などは実際に存在する。
 それまでの描写がリアルであっただけに、すんなりと展開に入っていくことができ、いつの間にやら熱い戦いに魅せられてしまっていた。

 本作のもうひとつの特徴は、多くの部分で複数の要素の重ね合わせ、「多層構造」が見られることである。

 主人公の松井貞夫は普通の会社員だが、サバゲーマーの「サバ夫」でもある。

 秋野麒麟は表向きはサバゲーマーとして出てくるが、売れない声優であり、人気の出ないVTuber「露草ときわ」でもある。

 その露草ときわと並んで登場する彩まよいさんは、現実に存在するVTuberだ。

 さらに本作では、坂崎ふれでぃ先生の漫画『サバゲっぱなし』のキャラたちが登場することで、小説でありながら漫画とも接点を持つ。

 モブとして登場するサバゲーマーたちは、もちろん現実のサバゲーマー全員を反映している。

 この私も、ひとりの読者であると同時に、ひとりのサバゲーマーだ。

 そしてサバゲー未経験のあなたも、ひとりの読者であると同時に、未来のサバゲーマーなのである。

 『サバゲにGO!』の世界は、すぐそこにある。









サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年04月23日

『サバゲにGO!2』のこと

81-EIuKS65L-1

 ついに発売されたアサウラ先生の最新作『サバゲにGO!2 インドア戦と雨の日の屋外戦』

 いやー、今作も最高だった!

 貞夫がせっかく大枚をはたいて買ったHK417がインドア戦に不向きなのは言わずもがな。しかしその状況で貞夫の葛藤を描きつつ、インドア戦の魅力につなげていくという流れは、さすがアサウラ先生!
 有利・不利を超えてサバゲーの新たな魅力に気づき、趣味の世界が広がっていく(沼にはまっていく)貞夫の姿は「熱い!」の一言。
 もっと背中を押してやりたくなるぜ。

 新たに登場するキャラクターも魅力的だ。

 何と言ってもクリスヴェクターを操る「栗須姉妹」こと「ファーストペンギンズ」は登場からして鮮烈。銃に合わせたモノトーンのカラーデザインは「かっこいい」と「かわいい」が見事に両立されている。白黒の挿絵にも優しい姉妹だ。
 しかしその見た目と裏腹にプレイスタイルはこんなにスゴイなんて……これぞギャップ萌えの極致!

 もちろん全サバゲーマー憧れの「舞白姉妹」も健在。栗須姉妹との「姉妹バトル」も目が離せない。

 プレイスタイルの全く異なる2組の姉妹がどんな戦いを繰り広げるのか?
 雨という悪条件の中、菜花のスナイピングは通用するのか?
 璃良のP90は新世代のヴェクターに勝てるのか?

 もはやそれはサバゲーだけでなく、姉妹の絆が試される戦いである。

 そして最大の見どころは、その姉妹バトルに貞夫とシノがいかにして割って入るのか、というところである。

 2組の姉妹に比べれば、貞夫とシノは初心者コンビ。早々にやられてしまうに決まっている。
 そこにどうやって切り込むのか?

 分岐点となるのはシノの機転、そしてまさに貞夫とHK417こそが勝敗を左右する鍵となる!

 前作に引き続いてリアルなサバゲー描写でありながら、ラノベ的逆転劇も外してはない。
 今作は「サバイバルゲーム小説」としてさらなる進化を実現したと言える。

 それにしてもこの作品、女性陣は動物のイメージが背景にあるようだ。

 栗須姉妹はペンギンだし、秋乃麒麟(ジラフさん)は名前通り。璃良は完全に猫耳だ。
 じゃあ菜花さんは何だろう?

 「巨乳だから牛じゃね?」って思ったそこのお前!
 菜花さんに失礼だぞ! 謝れ!!

 しかし、まさかジラフさんと彩まよいさんとの次元を超えた戦いがあんなふうに描写されるとは思いもよらなかった。
 そこからさらに『サバゲっぱなし』のキャラクターともつながっていく世界観は、まるでアメコミの「マーベル・ユニバース」を想起させる壮大さがある。

 こりゃあ3巻も大変なことになりそうだ!

 ああ、俺もこんなサバゲーがしたい!!










(※このレビューはフィクションです)


サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年11月12日

「アームズマガジン・ミニコンテスト Vol.1」のこと

keyVisual

 2019年10月25日より、小説投稿サイト「ノベルアップ+」にて、「アームズマガジン・ミニコンテスト Vol.1」が開催中である(2019年12月20日まで)。

 私も「エッセイ/コラム部門」にエントリーした。

 私の作品はこちらから読めます。

 応援よろしくお願いします!







サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年10月24日

『サバゲにGO!』のこと。

 『ベン・トー』で有名なライトノベル作家・アサウラ先生の新刊、『サバゲにGO! はじめてのサバイバルゲーム』

DSC02458

DSC02459

 遅まきながら購入したのでさっそく感想を……と思ったら、面白いところがありすぎて書き切れない!

 まともに書いたらとてつもない量になるので、以下、箇条書きとする(ややネタバレ注意?)。


・「美人姉妹が切り盛りするガンショップ」というだけで最強のファンタジー。こんな店があったら毎日でも通う。無駄にBB弾とか買う。アマゾンより高くても買う。

・女の子がエアガンの話をしているというだけでファンタジー。

・「シュパッ」「スチャン!」「ズガガガガ」「ヴゥラ」といったエアガンの作動音や発射音の表現にこだわりを感じる。これは実際に撃ったことのある人、しかも相当撃ちこんでいる人でないと思いつかない。

・主人公、貞夫の引っ込み思案な感じが俺と同じ。悲しい。

・舞白璃良(リラ)ちゃんのしゃべりがうまい。これは買ってまう。惚れてまう。

・舞白菜花さんがいろいろな意味でGスペック。良い。惚れてまう。

・いきなりサバゲーではなく、エアガンそのものの魅力から導入しているのが良い。

・試射レンジとは別で40メートルのシューティングレンジがある「大野工房」は地味にすごい店。ガンショップの理想。舞白姉妹がいるのも理想。ここが天国か。

・作中に登場するサバゲーフィールド「ストレートエッジ」は、LINE文庫エッジで編集統括を務める「株式会社ストレートエッジ」が由来?

・作中で太字で書かれる解説部分の末尾、「※余談」が特に面白い。

・フィールドに着いたら貴重品管理の話から入るのは丁寧で良い。

・リラちゃんの猫耳ニット帽姿がかわいい。同じ猫耳勢として親近感がある。惚れてまう。

・菜花さんにコルセットチェストリグを着せたのは世紀の英断。

・ダンプポーチを「小さい座布団」と表現する視線はサバゲーマーならでは。

・セイフティーエリアの雰囲気の良さ、そしてサバゲーのゲーム描写は非常にリアル。

・ゲーム中にこんなに喋れるかな、と思ったけど意外と話しながらやってることを思い出す。

・サバゲー終了後の、帰り道→温泉→食事、のコンボまでがリアル。

・貞夫の初エアガンが「HK417 アーリーバリアント」なのは勇気ある決断。ヘタにM4とかにしないあたりがすごい。

・この作品、舞白姉妹の存在以外はリアルガチ。


 小説として「物語を読ませる」というより、エアガンを手にしたワクワク感やサバゲーの面白さを「追体験させる」ということに重点が置かれた作品である。

 実際にサバゲーをしている私からすると知っていることばかりだが、それだけにサバゲーの全てがここに詰まっていると言える。これさえ読めばサバゲーの基本的な知識が身につくといっても過言ではない。

 これから始める人にも、すでに経験のある人にも、等しくおすすめできる良作だ!






サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年09月01日

『トイガン解体新書』のこと

DSC02283


 カスタムについてはガチ勢であるチーム「3K」のメンバーから進められ、『トイガン解体新書』を購入した。

 別に本格的にカスタムしようというわけではないが、いざという時のために(どんな時かは分からないが)分解方法は知っておきたい。

 とはいえ、私のメインアームはスタンダード電動ガンのM4A1/RIS。今でも販売しているとはいえ昔のモデルだ。
 サイドアームのM92Fミリタリーもまたしかり。

 大きめの本屋で『解体新書』を探してみたが、最近の版には両方とも載っていない。仕方ないのでアマゾンで古本を購入した(写真左側)。

 写真の右側、『決定版』の方がなぜあるかというと、将来的に買うであろう次世代電動ガンのためである。
 これには東京マルイ製の「HK416D」が載っているが、次世代を買うならHK416Dと決めている。デブグルカスタムでもデルタカスタムでもない、ノーマルのものが一番かっこいいと思っている。

 2冊には他にもいろいろなメーカーの銃が多く掲載されており、眺めているだけでも面白い。

 しかし、こんな複雑なものはやはり手におえそうにない。

lifeisgunfire at 00:30|PermalinkComments(0)

2019年08月27日

『サバゲっぱなし』のこと

DSC02273


 サバゲーをテーマにした作品は少ない。
 その中でも最近特に話題なのが、坂崎ふれでぃ先生の『サバゲっぱなし』である。

 サバゲーの話というと、主人公がサバゲーにはまっていくのはもちろんのこと、銃のうんちくや、サバゲーで勝つための戦術や努力していく様子が描かれる……と思うかもしれない。

 しかし、本作ではそういった少年漫画的な描写は一切ない。

 巨大企業の社長令嬢・木枯ニコは、ただ何事もなく過ぎていく日常に飽きていた。刺激を求めて夜の街をさまよううちに一軒のバーへ辿り着く。そこは壁一面にエアガンが並べられたミリタリー・バーだった。
 店のマスターである瓦杜輪と、常連客の明石ナナに誘われ、初めてのサバイバルゲームに参加するニコ。たちまちそのスリルと興奮に魅せられたニコはサバゲーの世界にのめりこんでいく……

 これはそんなニコがお嬢様風を吹かせながら時に大胆に、時に無理やりに友人たちを巻き込んでサバゲーに邁進していく様を眺めるオタク趣味漫画である。

 この作品で特徴的なのは、サバゲー漫画でありながら、サバゲーをしている最中の様子がほとんど描かれないという点である。長くても3~4ページ、短い場合は見開きの1枚絵だけしかない。

 では何が描かれるのか?

 中心になるのはサバゲーの前後や合間、つまり前日までの準備する様子や行く途中の会話、セイフティーでの様子、そしてゲーム後の感想で盛り上がる様子なのである。

 彼女たちのダベる様子は「サバゲーあるある」で埋め尽くされている。サバゲーマーなら誰しも身に覚えのあることでいっぱいだ。何しろ作者である坂崎ふれでぃ先生自身もサバゲーマーなのであり、現場で取材されたであろう事実が詰め込まれている。
 つまりは究極の身内ネタだけで構成される突き抜けた作品でもあり、濃いサバゲーの世界の一端を覗き見ることができる。

 また先生の画風も特徴的だ。
 昨今のいわゆる萌え系のキャラとは少し異なり、かなりデフォルメが効いている。さらに可愛い女性は出てくるが、それら女性の可愛くない部分、つまり「残念なところ」も隠さずに描いていくのだ。
 1コマ当たり、1ページ当たりの絵の情報量も非常に多い。
 この「オタク的ノリの良さ」とでも言うのだろうか、それがこの作品にしかない雰囲気を生んでいる。

 私もこの作品を読んで影響を受けた一人だ。
 3巻に登場したことで「インサートレンズ」の存在を初めて知り、ついには私もオーダーメイドで作るきっかけとなった。
 また、トレーニング・ウェポン(トレポン)のこともこの作品で初めて知った(さすがに手は出ないが)。

 サバゲーマーなら楽しめること保証付き。
 未経験者でサバゲー興味を持っている人にも、ある種リアルな(?)サバゲーマーの様子を知ることができるという意味でおすすめだ(逆に引かれはしないかという不安もないではないが……)。

 現在、5巻まで発売中である。

 最新5巻では先日このブログでも採り上げたミリタリーVtuber・彩まよいさんともコラボしている。

『サバゲっぱなし』

 心の底からサバゲーを楽しみ、エアガンを愛し、軍拡という欲望に負け続ける人々の姿をひたすら追いかける作品である。

 ニコさんたちとともにサバゲーがしたくなること間違いなし!

lifeisgunfire at 00:30|PermalinkComments(0)

2019年08月23日

彩まよいさんのこと

 「バーチャルユーチューバー」。通称、VTuber(ブイチューバー)と呼ばれる人々がいる。

 キズナアイさんやミライアカリさんは言うに及ばず、「にじさんじ」という一大勢力まで存在し、もはやネット文化としては定着している感がある。

 そんな中、「ミリタリーVTuber」としてほぼ唯一の存在が、彩まよいさんである。



 一般的なVTuberさんは「歌ってみた」やゲーム実況などをされることが多いが、まよいさんはそうした動画は少なめ。
 ミリタリーと銘打つだけあってサバゲーに関する動画が大半である。

 何と言っても、VTuberとして初めてサバゲーに参加し、レギュレーション説明を行った。



 VTuberさんにもいろいろな方がいるとは聞いていたが、まさかこういう人がいたとは思わなかった。
 有名な人々に比べればチャンネル登録者数は少ないが、貴重な萌え方面からのサバゲー文化代表者である。

 これからも応援してます!

lifeisgunfire at 00:30|PermalinkComments(0)

2019年08月20日

PUBGのこと

 最近、チーム「3K」では、とあるゲームが流行っている。

 あの、「PUBG」である。

 正式名称は『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』(プレイヤーアンノウンズ・バトルグラウンズ)と言い、通称で頭文字を取って「PUBG」(ぴーゆーびーじー)と呼ばれる。

 2017年に韓国で開発されたゲームであり、いわゆる「バトルロイヤルゲーム」としては近年まれにみる大ヒット作となった。
 YouTubeのゲーム実況でも人気となり、多くの動画が公開されている。個人的には「三人称」さんの動画が面白いのでおすすめである。

三人称の「PUBG」

 そのPUBGのモバイル版が、チーム「3K」でも流行り出したのである。

石川「明もやろうや!」
遠野「うーん、俺はそういうゲームはちょっと……」

 ゲーム自体は嫌いではないのだが、昨年、上記の「三人称」さんの動画や「2BRO」さんの動画をしこたま見ていたので、結構満足してしまったのである。

 それに「マルチプレイ」という形式のゲームがどうも苦手だ。
 以前、「コール・オブ・デューティ・ワールドウォーII」のマルチプレイをやり始めたのだが、あまりの熾烈な戦いにまるでついていけなかった。
 人間はコワイ。

 それなら現実のサバゲーの方がよっぽどいい。

 ゴーグルやマスクをしているとはいえ、顔の見える相手だ。うまい人やベテランはいるけど、ヒットされても仕方ないと思える。それもまた勉強だし、楽しみのひとつだ。うまくやれば経験の浅い我々でもベテランを仕留めることができたりする。

 最近は「eスポーツ」という言葉もあるように、ゲームでもプロが存在する。しかしサバゲーにはプロもアマもない。

 何より、ゲーム中に暴言を吐く人がいない!

 マナーの良さならサバゲーの方が断然勝っている。

 そんなわけで、私はそういうゲームはYouTubeで見るだけにして、サバゲーに集中しようと思うのである。

lifeisgunfire at 00:30|PermalinkComments(0)
プロフィール

遠野明

2019年1月より再始動した大阪在住のアラフォー・サバゲーマー。
チーム「3K」所属。
メインアームはHK416C。サイドアームはBM-9とM9A1。
サバゲー以外なら猫とSF小説と映画が好き。

記事検索