装備レビュー

2021年04月08日

【レビュー】ヘリコンテックスのガンケース【軍拡】

DSC04346


DSC04347

 ある日、私のもとに巨大な箱が届いた。

DSC04348

 中には屈葬されたかのごとく折り曲げられた茶色い物体が!

DSC04354

ヘリコンテックス・“SBR CARRYING BAG”・SMGガンケース

 前から欲しかったガンケースだ!

 お値段、1万9800円。 久々のしっかりした「軍拡」である。

 去年、アームズマガジンで紹介記事を読んで以来、ずっと気になっていた。しかし値段の高さに迷っているうちに欲しい色が売り切れてしまい涙を飲んだのである。
 最近になっておそらく再入荷したのだろう。中田商店さんのHPで再び「在庫あり」になったのを見て素早く購入した。

DSC04355-1

 「SBR CARRYING BAG」というのが正式名称のようだ。

DSC04355

 大きさはエアコキのM92Fと比べるとこのくらい。

 カラーは「ADAPTIVE GREEN」というもので、やや緑っぽいタンカラーである。

DSC04356

 蓋を開けて全て展開させると結構大きい。

DSC04357

 中央の仕切りを挟んで、内側(背中側)と外側(蓋側)の両方に銃を収納できる。この大容量さがこのケースの売りである。

DSC04358

 銃の収納部分には3列のモールウェビングがあり、底に近いところはポケット状になっている。

DSC04359

 銃を固定するベルクロベルトは4本ある。モールから取り外すことができ、自由な位置に付け替えることができる。つまり銃の形状や大きさに縛られず、どこでも確実に銃を保持することができるわけだ。

DSC04360

 ポケットも深く、マチ幅もそこそこある。

DSC04361

 仕切りの外側はベルクロのメス状の生地になっていてパッチなどを貼れる。

DSC04361-1

 仕切りの根元部分はベルクロで固定されており、必要なければ仕切りは取り外しておける。

DSC04362

 外側の収納部分も構造は全く同じ。

DSC04364

 このケース、私にとって最大の魅力は背面ストラップが2本あり、両肩で背負えることである。
 コンドルのガンケースはストラップが1本しかなく、荷物を詰め込むと片方の肩ではつらいときがあった。両肩で背負える方が楽である。

DSC04364-1

 ストラップの内側は柔らかいメッシュのパッド付。

DSC04365

 肩口には小さいポケットがあり、ストラップを収納することができる。

DSC04366

 当然、手で持つためのベルトもある。左右両側についているので持つ方向を選ばない。

DSC04368

 外側についている下側のポケットを開けてみる。

DSC04368-1

 これまた両側に収納部分がある。どんだけしまえるんだこいつ!

DSC04369

 小さなベルクロスペースとマガジンポーチがある。

DSC04369-1

 ポーチにはライフルマガジンとハンドガンマガジンが入った。

DSC04371

 蓋側にも3つのポケットがあり、小物を入れておくには充分な広さ。

DSC04372

 外側についている上側のポケットを開けてみる。

DSC04373

 ここは普通のポケット。仕切りなどは特にない。

DSC04374

 それでも少しマチ幅がある。

DSC04375

 早速愛銃のHK416Cを入れてみた! 都合のいい場所で固定できるのはとてもやりやすい。一方でHK416Cのようなコンパクトカービンではスペースがかなり余ってしまった。大容量さは伊達ではない。

DSC04376

 ポケットの表面にはエラスティックバンドがあり、マガジンが固定できる。

 私は長物を1本しか持っていない。せっかくの大容量さを活かして他に入るものがないか探してみた。

DSC04377

 さすがにプレートキャリアは入らなかった。

DSC04378

 ハンドガンケースなら丸ごと入る。しかし、そこそこ重たい。

DSC04379

 ハンドガン本体だけをこのように収納することもできるが、ちょっと不安定なので無理があるだろう。

DSC04383

 迷彩服を入れてもいい。クッション代わりにもなる。きれいな服ならともかく、汚れた服を入れるのは少し気が引ける。

DSC04383-1

 コンドルのガンケースとの違いは、クッションの厚みである。コンドルの方が全体的に分厚い。
 とはいえ、ヘリコンテックスがクッション性に劣るのかというとそんなことはない。ソフトケースとしては一般的な厚みなので心配はないだろう。これより安くてペラペラのものもあったりする。

DSC04385

 これで長物のガンケースが2つに増えた。
 ケースが2つになったということは……銃も1本増やさないとバランスが取れないよね!

 これは新たな軍拡の予感がする!!



DSC04385-1

 ちなみに、ケースの入ってきたダンボール箱はゴミ箱として再利用しました。









遠野明:ツイッター(@lifeisgunfire)


サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 19:00|PermalinkComments(0)

2021年03月18日

【装備】ファーストラインを見直す【構成】

サムネ2

 ライラクスのモールベルトを買ったのでファーストラインを見直した。

DSC04339

 見直すといっても以前から大したものは付けていないので、いたってシンプルかつ基本的なものである。

DSC04340

 右側はハンドガンのホルスターがひとつ。

DSC04341

 ダンプポーチは左のやや後ろにひとつ。これも定番の位置。
 通常はここだが暑い時期になるともっと前側へずらすことにしている。夏場は空調服を使うので、この位置だと腰のファンに接触してしまうためだ。

DSC04342

 マガジンポーチはM4用がひとつと、ハンドガン用がひとつ。M4用のポーチはプレートキャリアにもひとつ付けているし、ハンドガンはそんなに撃たない。腰回りにはこのくらいあれば充分。

DSC04343

 あと付け足すとしたら、冬用に「加熱式マガジンポーチ」を付けるくらいだろう。とはいえ冬はCO2ガスガンを中心に使いたいし、導入は先のことになりそうだ。









遠野明:ツイッター(@lifeisgunfire)


サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 19:00|PermalinkComments(0)

2021年03月10日

【レビュー】モール対応プラットフォーム【専用品】

DSC04303

 サファリランドのホルスター用モールアダプターを使い初めてから間もないにも関わらず、またもや似たようなものを買ってしまった。

DSC04303-1

GIGA・フィットホルスター専用 モール対応 プラットフォーム

 似たようなものというより、私の使っているホルスターに適合するのは本来こちらなのだ。長らく見つからなかったがYahoo!ショッピングでようやく見つけたので即購入した。

 このパーツの何がいいかというと、ハンドガンのグリップの位置をベルトより下にできることである。さらに下げて太ももに付けるレッグホルスターというのもあるが、それは私にとっては低すぎる。ミリフォトなどを見てもベルトと太ももの間くらいの位置にグリップを持ってきている装備例もよく見られる。どこにグリップを持ってくるかは人によって好みが分かれるところだ。

DSC04307

 中身はホルスターを取り付けるプラットフォームが1個。そしてモールウェビングに固定するための予備クリップが2本。

DSC04308

 クリップは長さが異なる。短い方はすでにパーツに付いており、長い方が付属する。

DSC04311

 クリップの根元にはヒンジがあり、広げたクリップをモールに差し込んで挟み込むようにして固定する。

DSC04312

 しかし実際に付けてみると、このクリップでは長さが足りなかった。ギリギリで閉まらない!

DSC04317

 そこでクリップを長い方へ交換することにした。
 クリップは六角ネジ1本で留まっているだけ。サイズは2.5ミリである。

DSC04318

 固定ネジの位置を変えることで高さを調節することができる。試行錯誤の末、位置はここに決定。

DSC04324

 今度はピッタリと閉まった。グリップの位置もいい感じ!

DSC04325

 本体がベルトから飛び出す形になるので、カバンの中でやや収まりが悪くなりそうではある。
 ひとまずホルスター周りはこれで完成である。

DSC04326

 サファリランドのアダプターが早くも予備品扱いになってしまった……









遠野明:ツイッター(@lifeisgunfire)


サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 19:00|PermalinkComments(0)

2021年03月04日

【レビュー】ホルスター・モールアダプター【サファリランド】

 以前、ライラクスさんのスリーピース・モールベルトについてレビューした(こちら)。

 早速新しいベルトにいつも使っている装備を移してファーストラインを作ろうとした。

DSC04222

 いま使っているホルスターはEMERSON GEAR製の「100-Pistols GIGA・フィットホルスター」である。これ1つで100種類以上のハンドガンに対応するモデルとして人気がある。

DSC04046

 ところがこのホルスターはクリップでベルトを挟み込んで固定するタイプのもので、このままではモールベルトに付けられない。

DSC04222-2

 モールに取り付けるには別売りの専用プラットフォームが必要なのだが、このパーツがなかなか売っていないのだ。ホルスター自体はよく見かけるのに肝心のアダプターだけがない。

 どうしたものか?!

 考えてみると、もともとこのホルスターはサファリランド製の「579 GLS」というモデルのレプリカである。ということはアダプターもサファリランドのものが使えるのではないか?

 そんなわけでレプマートさんから購入したのが以下である。

DSC04223

サファリランド MOLLEアダプター ホルスター用 MLS15

DSC04225

 こちらが表側で、ホルスターと接する側。

DSC04226

 こちらが裏側。ベルトと接する側である。

DSC04227

 海外製品のため説明書は全て英語。

DSC04228

 ネジを取り付ける場所によってホルスターの角度を変えられるらしい。

DSC04229

 取り付け方法は簡単。モール部分に差し込むだけ。

DSC04230

 付属品は長さの異なるネジが2セットと、六角レンチが1本。ホルスターの取り付け角度によってネジを使い分けるらしい。

DSC04231

 位置確認のため、アダプターだけを先に付けてみる。

DSC04232

 本来なら上側にも通して2段のモールで固定する方がいいのだが、それではグリップの位置が上になりすぎて抜きにくい。やはりグリップはベルトの下あたりに来るのがいいのかもしれない。
 ひとまず位置はここで決定。

DSC04235

 あとはネジを外して付け替えるだけ。しかし付属のネジでは全く合わないことが分かった。長さも太さも違いすぎて、どちらのネジも使えない。
 そもそもレプリカに実物を付けようとしているのだ。合わない部分が出てきてもおかしくない。

DSC04236

 結果、ネジは再利用することになった。それでも問題なく取り付けはできた。

DSC04237

 これでようやくベルトへ付けることができた。

DSC04238

 正面から見たところ。モール1本で支えているためか、銃の重みでホルスターが外側へ傾いている。見た目は気になるが固定はしっかりしており、抜き差しにも問題ない。

 2月21日のキャンプ大原定例会で使用したが特に不具合は感じなかった(定例会の模様はこちら)。ほとんどハンドガンを抜く機会がなかったので、使い心地はこれから確かめていくことになりそうだ。

 よし、これを機にファーストラインを見直しますか!










遠野明:ツイッター(@lifeisgunfire)


サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 19:00|PermalinkComments(0)

2021年02月18日

【レビュー】スリーピース・モールベルト【ライラクス】

 以前からモールベルトというやつが気になっていた。
 モールベルトとはタクティカルベルトの一種で、プレートキャリアによくあるパルスウェビングがベルトにも配置されているタイプのものをそう呼ぶ。

 最近では分厚いパッドが内側についており、安定感もあるらしい。
 しかしアマゾンで検索すると高いものから安いものまで種類が多く、どれを買えばいいのかと迷っていた。

 そんなとき、YouTubeでライラクスさんの以下の動画を見た。



 これは良さそうだ!

 この分かりやすい動画が決め手となり、このベルトを購入した。

DSC04211

スリーピース・モールベルト メタルバックルモデル



DSC04212

 バックルは着脱の簡単なコブラバックル。

DSC04213

 ベルトは二重構造になっており、パルスウェビングのついたパッドが内側のベルトを包み込むようになっている。

DSC04214

 内側のベルトはベルクロで長さの調節ができる。サイズ合わせも簡単。

DSC04215

 全体は右・左・中央の3つのパーツに分かれている。

DSC04216

 中央の内側は革張りのような質感。

DSC04217

 左右はメッシュ素材。

DSC04217-1

 パッド部分はそれぞれ独立しており、位置をずらして重ね合わせることで長さの調節に対応できるようになっている。
 私が購入したLサイズは、中央(背面)に6列、左右に10列ずつのウェビングがある。パッドが重なっている部分のウェビングには当然ながら装備を付けることはできない。
 そもそもウェストのサイズ(腰回りの円周長さ)には個人差があるのでこれは仕方がないところ。

DSC04218

 バックルに近いところは斜めに切り込みが入っていて干渉しにくいようになっている。

DSC04219

 そのためバックル近くの2列分のウェビングは上側しかない。

DSC04220

 ハーネスを固定するためのリングも各所に付いている。

DSC04221

 実際に付けてみた。普通のデューティーベルトよりも厚みと幅があるため多少は重くなるが、まるでコルセットをはめているかのような安心感とフィット感がある。

DSC04222

 ベルトの内側が滑りにくい素材のため、動いてもずれてくる心配がない。ウェビングもしっかりしていて少々重い物でもガッチリ固定できそうだ。
 私は今のところダンプポーチとハンドガンホルスターくらいしか付けないが、これほどしかっりしているなら全ての装備をファーストラインに集約することも可能だ。

 これは良い買い物だ!











遠野明:ツイッター(@lifeisgunfire)


サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 19:00|PermalinkComments(0)

2021年02月10日

【レビュー】インナーベルクロベルト【腰回り】

 新しいベルトをレプマートさんで買った。

DSC04203

ブラックホーク インナーベルト 44B7 ブラック


 ベルトといってもファーストラインに使うようなデューティーベルトやタクティカルベルトではない。ズボンの腰に通して固定するための、普通のパンツベルトである。

DSC04205

 これまではダイソーで買った安物のベルトを使っていた。これは一般的な金属のバックルで固定するタイプ。

DSC04206

 普通のベルトとして使う分にはこれで充分なのだが、上からデューティーベルトを締めたときバックル部分が重なってしまうのでおさまりが悪かった。

DSC04207

 バックルの位置をずらして締めてみたりしたが、どうも落ち着かない。
 そこでバックルが無いこのベルトを購入した。

DSC04208

 ベルトの内側にベルクロがあり、余った部分はこれで固定する。
 ベルクロは全面にあるわけではなく、オス側は約20センチ、メス側は約35センチの長さがある。もしこれで足りないと感じる人は別にベルクロを買ってきて貼り付けてみてもいいかもしれない。

DSC04209

 バックルが無いので正面がスッキリ。固定も充分で少々動いてもずれない。

DSC04210

 正面から見たところ。

DSC04211

 上からデューティーベルトを締めてもスッキリ。ベルトが重なっていても違和感はない。ほとんどデューティーベルトだけを身に着けているような感覚だ。

 これでまたひとつサバゲーが快適になった!











遠野明:ツイッター(@lifeisgunfire)


サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 19:00|PermalinkComments(0)

2021年01月26日

【レビュー】ライザーマウント【低いやつ】

DSC04119

 先日購入したアングルサイト

DSC04131

 ホロサイトとは少し高さが合わなかったので、かさ上げのためにライザーマウントを購入した。

DSC04147

UnderBattle ライザーマウント M76a4 3スロット

 買ってみたら六角レンチも付いてきた。しかしこのマウント、六角ネジなんてどこにも使われてない!
 何のために付いてるんだ……? まったく、中国製の考えることは分からん。

 お値段は2002円(配送料込)

DSC04148

 レールの長さを取りたくないので3スロット分のものを購入した。

DSC04150

 固定のネジは手で回せるタイプなので工具いらず。

DSC04151

 固定部分は当然のことながら20ミリレールに対応。

DSC04153

 マウントの高さは約17ミリ。そんなにかさ上げする必要はないので、なるべく背の低いものを選んだ。

DSC04155

 早速サイトを載せてみた。

DSC04156

 これに載せるときはそれぞれの固定ネジが互い違いになるようにした方がいい。

DSC04158

 同じ側にしてしまうと、ネジ同士が干渉して載せられる位置が限られてしまうからだ。

DSC04158-1

 そしてこれを銃に載せてみた!

DSC04158-2

 左からホロサイト、アングルサイト、そしてマジッククリップ2のフック。
 3個も並んでいると結構ゴツい。

DSC04159

 横から見た高さはちょうどいいのだが……

DSC04167

 覗いてみたら高すぎる!
 視界の中にホロサイトの屋根が入ってしまっている。これではいつもの視界の半分くらいしかない。

 これじゃだめだー!

DSC04168

 結局、ライザーマウントを使うのは止めにした。せっかく買ったのに無駄になってしまったが、これもよくあることだ。
 ひとまずこれでやってみますか。

 次のサバゲーが楽しみだ!











遠野明:ツイッター(@lifeisgunfire)


サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 19:00|PermalinkComments(0)

2021年01月23日

【レビュー】アングルサイト【見えるぞ!】

 以前から気になっていたアングルサイト
というものを購入したので早速レビューしていきたい。

DSC04116

 届いたのは小さい箱がひとつ。

DSC04117

 中にはサイト本体が1個だけ入っていた。他には説明書も何もない。

DSC04118

 本体はそれほど大きなものではなく、ほぼ手のひらサイズ。

DSC04119

 持った感じはちょっとしたドットサイトくらいの大きさである。

 ちなみにお値段は2999円。実物がいくらするのかは分からない。

DSC04120

 透明な立方体を真後ろから覗くと前方の景色が見える。

DSC04121

 そして90度横から覗いても前方が見えるのだ!

 この立方体はビームスプリッター(またはハーフミラー)と呼ばれるもので、入射した光の一部は反射し、一部は透過する性質を持った光学素子なのだという。
 つまり、1方向から入ってきた光を2方向に分割して透過させることができるため、真後ろからも横からも前方の光景が見えるのである。

 このアングルサイトを分解した動画があるが、これを見ると内部に立方体が入っているのがよく分かる。



DSC04122

 立方体はマウントリングのような部品と接続されている。

DSC04123

 立方体部分は自由に回転させられるとのことだが、なぜか全く回らない。
 なんじゃこりゃ! 不良品か!

DSC04124

 そこでふと思いつき、マウントリングを固定している六角ネジを緩めてみることにした。

DSC04125

 3ミリの六角レンチが使えたので少し緩めてみる。

DSC04126

 そうするとすぐに回すことができた。もちろんネジを完全に抜けば分解することはできるが、そこまでの必要はないだろう。
 角度は自由な位置で止められるが、90度回すごとにクリック感がある。基本的には上下左右のどこかの位置で使うもののようだ。

DSC04127

 ネジを緩めたので、当然ながらマウントリングにはわずかに隙間ができてしまう。外れてバラバラになってしまうことはなさそうだが、使っているうちに振動でさらに緩むかもしれない。

 こんな荒っぽいやり方でいいのか?

 しかし、きっちり締めると全く動かなくなってしまうのでしかたがない。
 左右のどちらか一方向からしか覗かない、という人はそれでもいいだろうが、ゲーム中に適宜切り替えたいという場合はこうするしかない。

DSC04128

 銃への取り付け部分は20ミリレールに対応している。固定ネジは手で締められる形なので助かる。
 このネジも緩めすぎると分解してしまうので注意が必要だ。

DSC04129

 さっそく私のホロサイトの後ろに載せてみた。

DSC04131

 ほんのわずかだが、高さが合わない。アングルサイトの方が少し低い。

DSC04132

 画像ではピントが合っていないが、このまま覗いても見え方はいつもとさほど変わらなかった。立方体を通して見ている分、少しレティクルまでが遠くなったような気はする。
 高さについては低めのライザーマウントでかさ上げしてもいいだろう。

DSC04131-1

 横幅はホロサイトと同じくらい。わずかにマウントリングが左右にはみ出す程度である。

DSC04133

 横からもレティクルはしっかり見える。

 ここで見比べて気づいたのが、真後ろから見るよりも横から見る方が明るく見える。思いのほかレティクルがまぶしいのだ。
 そういえば真後ろから見た方が、景色がやや暗くなっている。

81pcdn1LMxL._AC_SL1500_

 おそらくこれはビームスプリッターの性質によるものだろう。1つの光を2つに分割しているために、真後ろへ透過する光量が減っているのかもしれない。

 ホロサイトはレティクルの明るさを調節できるが、これは要注意だ。真後ろから覗いてちょうどいい明るさは、横から覗くと明るすぎる。
 どちらに合わせるかは考えどころだ。フィールドや天候によっても変わってくる。これはもう現場で調整するしかない。

DSC04135

 全体のフォルムも良いではないか!
 パッと見たところ、マグニファイアを付けているように見えなくもない。

 実際にはアングルサイトのさらに後ろへマジッククリップ2のフックを付けることになる。ホロサイトも含めて全体的に前へずらさないといけない。ゼロインもやり直しだ。

 さあ、やること増えてきた!











遠野明:ツイッター(@lifeisgunfire)


サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 19:00|PermalinkComments(0)

2021年01月08日

D-BAL/A2のダミーケースのこと

DSC04086

 D-BAL/A2タイプのダミーケースを買った。2021年最初のまともな「軍拡」である。

 D-BAL/A2とは、「Dual Beam Aiming Laser - Advanced 2」の略称とのこと。実物ではAN/PEQ-16のようなレーザーとライトがついた照準補助装置のことである。

 D-BAL/A2は以前から話題になっているモデルであり、すでにレプリカはいくつか流通していた。
 しかし、レーザーやライトを照射できるタイプは2万円ほどする高価なもので、安価なレプリカ品の登場が待たれていた。

 そもそもサバゲーではレーザーサイトの使用が禁止されているフィールドが多く、ライトも使いどころが限られる。単にドレスアップ用品としてならそこまでの機能は必要なかった。

 それが去年の秋ごろ、一切の機能を省いた外装のみのものがついに発売された。私も目を付けていたのだが、アマゾンに出ていたものが値段が下がったのを見計らって買ったのである。

DSC04087

WADSN AN/PEQ-15A:D-BAL/A2 レプリカ

 内容物は、本体、デコレーションシール、追加パーツ1個、六角レンチ1本。

DSC04088

 本体の作りはかなりしっかりとしており、細かい部分まで作りこまれている。レプリカ特有の「おもちゃ感」は少ない。
 何よりめっちゃ軽い。軽さは正義。

DSC04088-1

 電源ボタンと思われる「FIRE」のスイッチは一応は押せるものの、当然何も起こらない。

DSC04089

DSC04089-1

 後部のダイヤル部分は回すことができる。当然何も起こらない。

DSC04090

DSC04091

 前面のゴムパーツをずらしても中には何もない。本来はここにレーザーやライトが収まっているのだろう。

 おそらくだが、この商品はレーザーやライトが照射できるタイプのものから、ケースだけを流用したものではないかと思う。

DSC04094

 固定はよく見るQDマウント。

DSC04094-1

 中央に小さいレバーがあり、これを押しながらレバーを引かないと全体が動かないようになっている。

DSC04095

 レバーの反対側にはマイナスネジがある。これを締め込むことで完全に固定することができる。
 ただし、緩めすぎると脱落してしまうので要注意。

DSC04095-1

 追加パーツは簡易的なフロントサイトのパーツである。

DSC04096

 上面にある小さなネジを六角レンチで外す。

DSC04098

 あとはパーツを置いてネジを締め込むだけ。

DSC04099

 簡単な取り付けで重厚感が増す。

 本体の準備はこれだけ! 早速HK416Cに付けてみた。

DSC04100

 ひとまずホロサイトの前に置いてみる。

DSC04100-1

 上から見たときのメカ感がカッコイイ!

DSC04103

 しかし、この状態でサイトをのぞいてみると、D-BALの上面が視界に入ってしまう。照準できないほどではないが、視界がやや狭まるので邪魔に感じた。
 この位置はあまりよくない。

DSC04105

 左側面の先端に寄せてみたが、どうもこのバランスが好きではない。

DSC04106

 ちょっと手前に寄せる。うん、これならちょうどいい。

DSC04108

 上から見ると横幅が広がり、よりゴツくなった印象になる。

 これで構えてみると、多少だが左手にケースが当たって違和感がある。そして左下の視界がまたもや少し狭まる感じがするのだ。

 これはもう「慣れ」とか「好み」、「気にする・気にしない」の世界のことであり、個人差が大きい。私としては何だか邪魔で使いにくいなあ、という気がした。

 そもそもHK416Cのように全長が短い銃に対してあれこれパーツを盛るというのは、ちょっと似合わないのでは、とも思う。
 パーツを盛ったために「短くて取り回しやすい」という利点が損なわれているような気がする。
 しかし、それもまた個人の考え方の違いである。そんなことは気にせずドンドン盛られた銃も、それはそれでかっこいいのだ。

 ともかく、このダミーケース自体は非常にリアルで造形が良い。仕上げはきれいだし、銃のドレスアップには最適だ。
 個人的には全長の長いAR系のハンドガードなどに付けると一番似合うのではないかと思う。

 見た目にこだわりたい人には超おすすめである。










遠野明:ツイッター(@lifeisgunfire)


サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 19:00|PermalinkComments(0)

2020年12月27日

アーマー装備な猫耳のこと

 仕事の都合で一週間ぶりの更新である。

 以前から狙っていた装備がついに手に入った!

SF,neko-1

 中央町戦術工房さんの猫耳、装甲new era mk3_早期警戒型である!

 一度は惜しいところで買い逃し、それから再版を待ち続けてようやく購入できた。

DSC04058

 すでに帽子と一体になった状態で届いた。

DSC04058-1

 耳を展開したところ。

DSC04058-2

 耳というよりは、角やアンテナに近い。一枚のプレートではなく、肉抜きされているデザインがかっこいい。

DSC04060

 耳の角度はヒンジで調節することができる。

DSC04061

 前面のパーツは左右の一ヶ所ずつで固定されているだけで、あまり強固な感じはしない。

DSC04063

 裏側からカシメられているのが分かる。

 材質はアクリルなので、ひょっとするとBB弾が当たれば割れる可能性がある。耳の部分はそんなに被弾することはないと思うが……
 とはいえ、使わないのでは買った意味がない。

 これで来年の楽しみがひとつ増えた。









遠野明:ツイッター(@lifeisgunfire)


サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00|PermalinkComments(0)
プロフィール

遠野明

2019年1月より再始動した大阪在住のアラフォー・サバゲーマー。
チーム「3K」所属。
メインアームはHK416C。サイドアームはBM-9とM9A1。
サバゲー以外なら猫とSF小説と映画が好き。

記事検索