ポセイドンバレル

2020年09月07日

ポセイドンバレルと0.25g弾のこと

DSC_0478

 ポセイドンバレルを組み込んだM9A1。

 予想通り、0.2g弾では遠距離がまともに届かなかった(こちら)。

 そんなわけで、推奨通り0.25g弾で撃つことにした。
 場所は行きつけのシューティングレンジ・ハイドアウトである。
 ホップ調整をしながら23メートルレンジで撃った結果が以下。

DSC_0482

DSC_0484

DSC_0486

 どうも右へ寄るなあ。しかも結構バラつく。

DSC_0487

 その後も調整してみたが、このあたりが限度だった。

 では、これがノーマルと比べてどのくらいなのか?
 2つを比べた画像が以下。

ノーマル,ポセ,比較

 うーん、そんなに変わらんな

 集弾が右へ寄るのは、どうやら私の腕前のせいらしい。
 集弾性は、多少良くなったかな? という程度で、特別に良くなったという感じはなかった。

 ポセイドンバレルはもともと「飛距離」を謳っているものだし、もっと遠距離で撃たないと効果は分からないのかもしれない。
 とはいえ、そういう場所はフィールドしかない。

DSC03654

 初速は10発の平均で65.85
 非常におとなしい。どこへ出しても恥ずかしくない初速である。

DSC_0488-1

 しばらくはこのままで使っていこう!










遠野明:ツイッター(@lifeisgunfire)

遠野明:note


サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年08月16日

ポセイドンバレルとパッキン交換方法のこと

DSC03528

 0.2g弾では遠距離を狙うと鬼ホップになってしまい、相性が悪かったポセイドンバレル。
 やはり0.25g弾でないとだめなようだ。

 となると、ポセイドンバレルでのインドア向けセッティング(ポセイドンバレル+ノーマルパッキン+0.2g弾)というのは、あまり考えなくていいかもしれない。
 フザーのようなインドアフィールドなら、0.2g弾でも鬼ホップになる前に標的に着弾するからだ。
 実際、フザーでのゲーム中も鬼ホップな弾道は見られなかった。

 9月20日のギリサバ#10もあることだし、ひとまず本来のポセイドンバレルのセッテイングをすることにした。

DSC03529

 緑色のパッキンは初めて見る。

DSC03532

 マルイの純正パッキンと比べると、マルイは側面にリブが付いているが、ポセイドンにはない。

DSC03533

 上の面は、マルイは何もないが、ポセイドンはここに小さなリブのようなものが付いている。ちょうどホップ突起の真上の位置だ。

DSC03533-1

 このリブをホップレバーで左右から挟み込むことで、ホップの突起が上から真っ直ぐ降りてくるようになっている。

 最初はこの仕組みに気づかず、ホップ突起が斜めになってしまって調整に苦労した。

DSC03536

 溝を埋めるのにお世話になっている、マルイの高粘度グリス。

DSC03537

 はみ出した分は拭き取るからへーきへーき。

DSC03538

 交換完了。

DSC03538-1

 マルイパッキンは念のため保管。

DSC03539

 恒例のシールテープ巻きで気密取りをしようと思ったが、このままチャンバーを閉じるとかなりきつい状態だった。
 チャンバーブロックが閉じきれずに隙間ができてしまうので、シールテープは無しとした。

DSC03540

 このまま組み込み。

DSC03546

 これが本来のポセイドンバレルの姿である(外からは見えんけど)。

 真の力を発揮できるか?










遠野明:ツイッター(@lifeisgunfire)

遠野明:note


サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年08月12日

ポセイドンバレルと0.2g弾のこと

DSC03459

 ポセイドンバレルを組み込んだ、東京マルイのM9A1
 7月24日のフザー参戦で初めて実戦投入した。

 効果のほどはどうだったかというと……よく分からんかった。

 それもそのはず。
 ポセイドンバレルは飛距離の向上を目的にしたもので、交戦距離の短いインドア戦では効果が分かるわけもない。

 しかも現在のM9A1は、ポセイドンバレル+マルイパッキン+0.2g弾の組み合わせ。
 通常の組み合わせとは違っている。
 これはちゃんとした環境で撃たないと分からない。

 そんなわけで、行きつけのシューティングレンジ・ハイドアウトで確認することにした。

DSC03513

 その前にバレルのガタつきを確認してみた。
 東京マルイのハンドガンを買うとよく付いてくるマズルキャップを突っ込んで調べてみる。

 すると、どうもまだ少しガタがあるようだ。

DSC03514

 手早く分解。

DSC03515

 毎回恒例のアルミテープ巻きを実施。

DSC03516

 バレルを下から支えるようなイメージで貼る。
 効果の有無というより、もはや「おまじない」レベルではあるが。

 改めて確認してみると、だいぶ良くなった。
 まだ若干の隙間があるようだが、テープを2枚貼ると入らなくなりそうなので止めることにした。

DSC03518

 この状態でハイドアウトにて撃ってみることにした。

 23mレンジでの結果が以下。

DSC03527

 まったく当たらん。

 ホップをほとんどかけていなくても、15m付近から鬼ホップとなってしまう。

DSC03525

DSC03526

 的の中心からの30~40cmほど下を狙わないと、ターゲットの表示された画面に当てることさえ難しい。

 やはり重量弾でないとポセイドンバレルには合わないということが実感できた。

 ついでに8mレンジでも撃ってみた。
 3マガジン撃った結果が以下。

DSC03523

 これはなかなか良い。

 多少散ってはいるが、3分の2は黄色の円内(11.5cm)に収まっている。
 もはやマルイ並みと言っていい。

 とはいえ、0.20g弾ではポセイドンバレルの効果は発揮できないようだ。

 あとは以前考えたカスタム計画の3番目、ポセイドンバレル+専用パッキン+0.25g弾の組み合わせを試すことにする。

 これが正規の組み合わせであり、アウトドア向けのセッティングでもある。
 9月20日の「ギリサバ#10」に向けて、ちょうどいい調整になるだろう。

DSC03522

 今度はうまくいってほしい。










遠野明:ツイッター(@lifeisgunfire)

遠野明:note


サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年07月22日

M9A1にポセイドンバレルを入れること

DSC03459

 箱出し状態の性能が優秀すぎるM9A1

 カスタムするのがもったいないほどの銃だが、決めた以上はやらねばならない。

 インナーバレルをポセイドンバレルに交換することにした。

DSC03460

 BM-9で慣れていたこともあり、分解するのはさほど難しくはなかった。
 ただし、BM-9とはホップダイヤルの位置が左右逆になっており、バレルを入れる方向も逆になるのが少しややこしかった。

DSC03462

 ポセイドンバレルは0.25g弾が推奨であり、本来はパッキンも専用のものに交換しなければならない。
 しかし私はインドア戦用に0.2g弾を使うことを考慮し、パッキンだけはマルイ純正のままとした。

 この状態でも発射は可能らしいが、弾道や命中精度の点でエアクッションブースターの効果が得られるかどうかは撃ってみないと分からない。

DSC03463

 恒例のシールテープによる気密取り。
 もはや「おまじない」みたいなものである。

DSC03464

 M9A1に付属のバレルウェイトは付けないことにした。
 というより、ポセイドンバレルには固定のためのОリングを入れる溝がないため、付けられない。

 これがなくてもアウターバレルには入ったし、BM-9のようなバレルのガタつきも見られなかった。

 交換は無事に終わり、最後に初速を測ってみた。

DSC03465

 あれ? ちょっと低いぞ。

 ノーマルのときは70m/s前後は出ていたというのに。

 とはいえ、これはバレルを交換したためかもしれない。
 本来のセッティングとは異なるわけだから、こういうことが起きても不思議ではない。

 むしろ「インドア向けの初速になった」と前向きに考えるべきだろう。

 こういう使い方をするのであれば、マルイパッキンの代わりに宮川ゴムのパッキンなど、他の種類を試すこともできる。改良の余地も出てくるだろう。

DSC03467

 純正バレルとバレルウェイトは念のために保管しておく。

 さあ、あとは撃ってみるだけだ!











遠野明:ツイッター(@lifeisgunfire)


サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年07月08日

M9A1・カスタム計画のこと

IMG_20200703_143108

 注文していたポセイドンバレルと専用パッキンが届いた。

 銃のカスタムは「目的をはっきりさせること」とはよく言われる。

 私のM9A1の場合、目的は「飛距離と命中精度のアップ」になるだろう。

 本当は「ポセイドンバレルを試してみたい」という希望から始まっているので手段と目的が逆ではあるのだが、まあ細かいことは気にしない。
 組み込むパーツは決まっているので、あとはその組み合わせと効果を確認するだけになる。

 確認するパターンは以下の3つだ。

①マルイバレル+マルイパッキン+0.2g弾

②ポセイドンバレル+マルイパッキン+0.2g弾

③ポセイドンバレル+専用パッキン+0.25g弾

 ①は箱出しの状態。

 ②はインドアゲーム用のセッティング。

 ③はアウトドアゲーム用のセッティング。

 に、それぞれ対応している。

 中心的に考えるのは①と②の違いである。③は使う弾が違うし、使用する環境も違うので別枠だと考えている。

 とりあえずノーマルで撃ってみてパッキンの慣らしをするか。

 詳しい比較は追々やっていこう……










サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年06月30日

ポセイドンバレルの使い方のこと

IT_0301TMJ00049

 先日購入したポセイドンのバレルと専用パッキン。そしてマルイのM9A1(詳細はこちら)。
 届くのを首を長~くして待っている。

 本当にハンドガンで50mも飛ぶのか? 集弾性はどうなのか?
 早く確かめてみたい。

 改めてポセイドンのバレルについて詳細を見ていると、プラウダさんの紹介文では以下のように書かれていた。


「バックスピンが強いので、0.25g以上のBB弾を使用する必要があります

「0.2gだと途中から上に飛んでいきます。インドア等の近距離だと0.2gを使われているお客様もいらっしゃいます」


 0.25g弾以上が推奨だという。0.2g弾だと鬼ホップになるようだ。

 アウトドア用として使うなら0.25g弾で全く問題ない。もとからそのつもりである。

 しかし、インドアで使うことを考えると、0.2g弾の方がいい。

 大阪・江坂のCQBリミテッドさんや、名古屋のHussar Airsoft Field(フザー)さんなど、インドアフィールドの多くがレギュレーションで「0.2g弾」を指定しているからだ。

 ポセイドンバレルの長射程とフラットな弾道は魅力だが、0.25g弾が推奨となるとインドアでは使えないことになる。

 どうすべきか?

 ポセイドンバレルを入れるM9A1はアウトドア用にして、インドア用にもう一丁買うか?

 うーん、ハンドガンだけそんなにあってもなあ。

 どうせM9系を買うだろうし、同じものがたくさんあってもしょうがない。
 かといってグロック系やガバメント系には食指が動かない……

 そんなとき、過去のツイートで以下のものを見つけた。



 マルイのパッキンでも撃てる? それなら話は変わってくる。

 アウトドアへ行くときはポセイドン専用パッキンに、インドアへ行くときはマルイ純正パッキンに、それぞれ交換すればいいわけだ。
 交換の手間は大したものではない。

 あるいは、マルイパッキンの代わりに他のパッキンにするという選択肢も出てくる。

 初速が下がるというのがどの程度なのか?
 マルイのパッキンでもエアクッションブースターシステムは効果を発揮するのか?

 これまたやってみないと分からない。

 エアガンは何かにつけてこうだ。

(パーツは)組んでみないと分からない。

(効果は)撃ってみないと分からない。

 だがそれこそがエアガンの魅力でもある。











サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年06月29日

ポセイドンのバレルを買ったこと

 最近はBM-9 CO2GBBにかかりきりだったが、ようやく「あれ」を購入した。

 ポセイドンのインナーバレルである!

20170821-1

POSEIDON エアクッションブースターシステム/GBBインナーバレル 113mm

 ポセイドンの正規ディーラーであるプラウダさんのところでは品切れだったため、プラウダさんと交流のある奈良県天理市のガンショップ・BRIGHT(ブライト)さんのネットショップで購入した。

0000000109042_w5gJlNO

POSEIDON エアクッションブースターシステム/マルイ・GBB/VSRインナーバレル用HOPパッキン 硬度50

 もちろん専用パッキンも同時に購入。

ポセイドンバレル購入画面

 合計で4855円

 そして肝心の組み込み予定のハンドガンも購入した。

IT_0301TMJ00049

東京マルイ ガスブローバック M9A1

 本体と予備マガジン1本、念のためFIRSTの保証も付けた。

M9A1購入画面

 ポイントを使って少し値引きし、合計で1万6776円

 こうして総額は2万1631円


 一足早く、夏の軍拡してもうたなあ。

lifeisgunfire at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年06月19日

ポセイドンバレルのテスト予定のこと

IMG_7396


 「試したい」と思いつつ、すっかり忘れていたものがある。

 ポセイドン社製のインナーバレル「エアクッションブースターシステム」だ。

 ポセイドンのバレルがどういうものかはこちらを参照してほしい。

 最初は東京マルイのスタンダード電動ガン・M4A1/RISに入れるつもだったが、HK416Cカスタムに買い替えてしまったのでその機会がなくなった。

 次世代電動ガンは完成度の高さが売りのひとつなので、下手にいじってそのバランスを崩したくない。
 それにHK416Cは簡単にテイクダウンできない構造のため、分解するのが面倒でもある。

 どうやって試そうか?

 ポセイドンバレルのためだけに長物を一丁買うのは大きすぎるし……

 ハンドガンで試してみようか?

 ポセイドンバレルはハンドガン用もある。
 インナーバレルが短いハンドガンでも「夏場なら60m、冬場でも50m」は飛ぶという触れ込みだ。
 実際には気温に左右されるらしいが、電動ガンと同じくらいか、それ以上の飛距離が出せるという。

 にわかには信じがたい話だが、だからこそ試す価値があるといえよう。

 CO2ガスガンの問題児・BM-9 CO2GBBで試すことを考えた(実際に組み込んでいるユーザーさんもいる)。

 しかし、BM-9への組み込みはバレルを削って切り欠きを調整する必要があるらしく、私にはハードルが高い。
 削りすぎたらパァーになりそうで怖い。

 BM-9には別の新バレルと新パッキンがあるので(こちら)それを使うつもりでいる。

 残るは普通のガスブロハンドガンとしてマルイのM92Fミリタリーを持っているが、これは固定ホップなので調整ができない。

 もう他に銃は無い。

 エアコキでは無理だし……

 そこで、以前にM92FミリタリーをM9A1に買い替える話を思い出した。

 今こそ買い替えのいい機会ではないか?

 M9A1ならホップ調整もできるし、カスタムの土台としては充分だ。
 近年のマルイのガスブロは全く撃ったことがない。M92Fも古いし、やっぱり新しいのがいいなあ。

 またもや愛銃とお別れせねばならないのは悲しいが……

 あとは財布との相談である。
 夏のボーナスの意見も聞きたいところだが、今年は期待できそうにない。

 とりあえず商品だけでもチェックしておこう。

p_main_120824091123

 FIRSTの通販ページでは、ノーマル単品で税込¥1万2,833円

 予備マガジンはM92Fのものが共用できるので当面は必要ない。

0000000109042_w5gJlNO

POSEIDON エアクッションブースターシステム/マルイ・GBB/VSRインナーバレル用HOPパッキン -硬度50-

 0.25g弾を使う予定だが、パッキンは硬度50でいいらしい。硬度を高くするとホップの調整幅が狭くなるという。
 値段は税込¥1,233円

0000000090122

POSEIDON エアクッションブースターシステム/GBBインナーバレル -113mm-

 M9A1のインナーバレル長さは115mm。ポセイドンバレルで対応する長さは、この113mmとなる。
 値段は税込¥2,672円


 しめて総額は、税込1万6,738円


 意外と安いぞ!


 って、バレルの方「売り切れ」やないかーい!











サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年11月18日

カスタム効果を確認すること

DSC_0453-2


 最近注目しているポセイドンのインナーバレル

 販売しているガンショップ・プラウダによれば、飛距離は50m、もしくはそれ以上が出るという。

 実際に50m以上も飛ぶのか、どんな弾道で飛ぶのかは試してみないと分からない。

 効果を確認するにはどうすればいいのか?

 50mも飛ぶなら、少なくとも50m以上はあるシューティングレンジで撃ってみる必要がある。
 できれば無風状態を保てる屋内レンジがいい。さらに言えば電子ターゲットがあって集弾性の確認もできる方がいい。

 そんなシューティングレンジがあるのか?

 実はBM-9 CO2GBBの販売元であるガンスミスバトンが経営するシューティングレンジにそれはあるのだ。

バトンレンジ

 通常30mレンジのところを、隣のレンジとつなげて50mにするという。
 もちろん屋内で、かつ電子ターゲットも完備。
 利用料も2000円で時間無制限、会員になれば月額5000円で撃ち放題である。

 これは行きたい!

 しかしこのレンジ、なんと埼玉県所沢市にある。

 新幹線で行かんとあかんやん!

 大阪からM4A1を背負って埼玉まで行くのはさすがにしんどい。

 大阪にはこれほど長い屋内レンジは存在しない。
 私の行きつけとなっているシューティングレンジ・ハイドアウトの23mレンジが限界である。

 アウトドアフィールドには50m級のロングレンジが併設されているところもあるが、気軽に行ける場所にはない。

 こうなったら会社の敷地でテストしてみようか?

 工場の裏なら50m以上の真っ直ぐなスペースがある。端に「3K」メンバーを立たせておいて、それに向かって撃つのだ。
 これぞ「リアル・マンターゲット」!


 んなアホな。








 「アームズマガジン・ミニコンテスト Vol.1」の「エッセイ/コラム部門」にエントリー中です(2019年12月20日まで)。
 私の作品はこちらから読めます。
 応援よろしくお願いします!


サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年11月17日

ポセイドンのバレルのこと

 カスタムについては初心者の私だが、興味はあるのでいろいろなパーツのサイトを見て回っては、効果があるのかないのか、妄想して楽しんでいる。

 やはりこういうカスタムパーツは実際に使ってみないと分からない。

 銃の性能に影響する要素は非常に多いので、個々の銃の仕様やセッティングの仕方によってパーツの効果がどう出るのかは変わってくる。
 あるユーザーさんの銃には効果があっても、別のユーザーさんには全く効果がなかった、という話は日常茶飯事だ。

 そんなカスタムパーツの中でいま気になっているのが、「Poseidon」(ポセイドン)という台湾メーカーのインナーバレルである。

IMG_7396

※画像は奈良県天理市のガンショップ・ブライトさんのページより抜粋。

 そもそものきっかけは、私の所属するチーム「3K」御用達のガンショップ・プラウダで薦められたことだった。

 台湾のエアガンメーカーであるポセイドンが製造するインナーバレル(通称、ポセイドンバレル)には、「エアクッション・ブースター・システム」という構造が採用されており、インナーバレルと専用パッキンを組み込むだけで、なんと50m以上もの飛距離を出すことができるという。

 しかもハンドガン用の短いバレルでも、長物用の長いバレルでも、飛距離は変わらないのだとか。

プラウダによるレビュー

 BB弾の弾道について専門的なデータを公開しているシキノートさんによれば、目標から相当上を狙わない限り、60mという遠距離には届かないという。

 「(放物線ではなくて)スーッとまっすぐに飛んでいく」弾道でそのまま60mも飛ぶなど物理的にあり得ない。

 実際に組み込んでみたというユーザーさんの間でも効果のほどは意見が分かれており、ツイッターでは賛否両論ある。

 飛距離が伸びたという意見もあるので全く効果がないことはないだろうが、弾道や飛距離については正確に測定することが難しいため、どうしても主観的な感想レベルにならざるを得ない。

 ポセイドンバレルにはネット上のレビューがほとんど見られないが、それは本当に効果の高さゆえなのか、それとも眉唾ものだからなのか。

 比較的長文のレビューとしてはこちらがあるが、よく読んでみるとこのユーザーさんは純正バレルよりも短いポセイドンバレルを採用している。
 本来は純正バレルと同じ長さでないといけないはずなので、ポセイドン本来の性能を発揮してない可能性がある(その後の続報はない)。

 また、こちらのユーザーさんもポセイドンを使っているが、この方は本来0.25g弾が推奨されているところを、0.20g弾を使えるように加工を施している。
 プラウダが推奨する仕様ではないため、こちらも本来の性能であるかどうか疑わしい。

 結局、信頼できるレビューはまだ存在しない。

 うーむ、こうなると俺がやるしかないのか!

 やはり自分で試してみるしかない。

 本当に効果があるならそれでよし。効果がなければ他社のどんなバレルを入れても同じだろう。

 初速に問題のあるBM-9 CO2GBBで試すことも考えたが、ポセイドンバレルは基本的に電動ガンか通常のガスブローバック用であるため、CO2ガスガンにも対応するかどうかは未確認だ。

 東京マルイ純正バレルの内径が6.08mmなのに対して、ポセイドンバレルは6.05mmのため、一般的には「タイトバレル」という種類に近い。
 タイトバレルは初速が上がりやすい傾向があるため、BM-9に入れるのはやめた方がいいかもしれない。

 実際に入れるとすればM4A1/RISだが、それは0.25g弾に切り換えたばかりなので、まずはノーマルでの使い心地を実戦で確認してからにしたいと思っている。
 効果を体感できなければ入れる意味はない。

 早くても来年の話になりそうだ。







 「アームズマガジン・ミニコンテスト Vol.1」の「エッセイ/コラム部門」にエントリー中です(2019年12月20日まで)。
 私の作品はこちらから読めます。
 応援よろしくお願いします!


サバイバルゲームランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

lifeisgunfire at 18:00|PermalinkComments(0)
プロフィール

遠野明

2019年1月より再始動した大阪在住のアラフォー・サバゲーマー。
チーム「3K」所属。
メインアームはHK416C。サイドアームはBM-9とM9A1。
サバゲー以外なら猫とSF小説と映画が好き。

記事検索